2018年

4月

19日

コロンの想い出

狂犬病予防注射が始まっています!
4月〜6月の間に接種しましょう!
万が一、ワクチンのアレルギーが出てしまった時に、その日のうちに対処できるよう、午前中の接種をお勧めしています。

ちなみに、来月はフィラリア予防もありますので、この時期のワンちゃんと飼い主さんは大忙しですね…!
フィラリア予防は、血液検査をして去年の感染がなかったかどうかをチェックして、お薬をお出しするようになりますが、
注射を打ったりはしませんので、狂犬病の注射をフィラリア検査と同時にしてしまっても構いませんよー!

ワンちゃんの話になりましたので、今日は久しぶりにコロンの写真を載せてみます。
このドアップ加減が好きで、かなりお気に入りのショットです☆

そんな中でふと思い出したコロンエピソードを一つ。
マイクロチップの番号をチェックする読み取り機が病院に置いてあるのですが、使おうとした時にちょうど電池が切れてしまったことがありまして…。

番号を確認したいだけなのに…!
あと一瞬使えればいいだけなのに…!

その時にふと、昔『伊藤家の食卓』でズボンで電池をこすると電池が復活するというような裏ワザが放送されていたのを思い出したのです。

よし!それだ!!

しかし、ユニフォームの生地はツルツルで静電気は起きそうにありません。
(この時の私は静電気が重要だと思っていました)
そこで目に入ったのが、、、


そう!!コロンです!!(笑)


『こんなフサフサしてるし、きっと静電気がいっぱい溜まるはず!』と思った私は、コロンの背中で、全力で電池を擦りました。

ゴシゴシゴシゴシッ!!!

すると、擦った電池を入れた機械は無事に作動し、見事マイクロチップを読み取ることができたのです!!
ありがとう!!コロン!!


しかし、少し経ってから判明したのですが。

電池が復活するのは静電気ではなく、摩擦熱によるものらしいのです…。
だから、もしユニフォームで擦っていても復活したんだと思います(笑)

ちょっと勘違いはありましたが、コロンのおかげで助かったのには変わりないので(笑)
やっぱりありがとう!!コロン!!

2018年

4月

11日

きっかけ

先ほど、動物看護師関連の登録をするときに「勤め始めた年月日」を記入する欄がありまして。
それで気づきましたが、私ももう12年もクローバーで働いてるんですね!(←年齢がバレる…笑)
後輩が出来たりしないせいか、なんとなくまだまだ新人気分が抜けないのですが。
下が出来ていたら、間違いなく「おつぼね」と呼ばれているんだろうなぁなんて思いつつ。

私の高校生の時の夢は、ドッグトレーナーになることでした。
理由は、犬が好きだから←単純!(笑)

しかし、高校3年生の春。
親友に言われたある一言が私の人生を変えます。

「村ちゃんは、犬だけが好きなの?」

そう言われてみると…。
猫も好き。
ウサギもハムスターも鳥も好き。
それに加え、家畜系の動物や爬虫類だって全部好き!
『なんで犬だけにこだわってたんだっけ?』と気づかされます。

そこにさらに親友は、

「そんな村ちゃんにオススメの職業があるよ!」

と、動物看護師の専門学校のパンフレットを見せてくれました。
私はその時初めて、『動物看護師』という職業を知ったのです。

なぜそんな風に勧めてくれたのかと言いますと、実はその親友がなりたい職業が動物看護師だったのです。
それでパンフレットなども取り寄せていたのですが、事情があってその夢は諦めなければならなくなったとのことでした…。

私はそこから、夢を託されたからとかではなく、動物看護師という仕事に惹かれ、ドッグトレーナーではなく、動物看護師の学校に入ることを決めました。

あれからこれだけ月日が流れたのかと思うと、人生って本当に不思議だなぁと思います。
あの言葉がなかったら、今の私はなかったのだなぁとしみじみ。

今もその親友とはとても仲良しで、しょっちゅう連絡を取り合ったり、ごはんを食べに行ったりしています。
今度会ったら、あの日の話をしてみようかな。
10年以上前のことだけど、覚えてるかな。
もし覚えてなくても、この仕事を教えてくれたことへの感謝を伝えてきたいなと思います。

2018年

4月

05日

もうすぐ3歳

クロは明日、3歳になります!
…クロのくせに4月6日 “シロの日” が誕生日なのです(笑)

実は私と同じ時期に、クロと同じく4月生まれの黒猫を飼い始めた患者さんがいらっしゃいまして。
クロは4月頭生まれ、その子は4月末生まれなのですが、ワクチンの時期などがかぶっていたため、クロは何度かその黒猫ちゃんにご対面していて、飼い主さんはクロのことを『クロ兄ちゃん』と呼んでくださっています。

先日、その飼い主さんがいらしていたため、

「お互いもうすぐ3歳ですねぇ」

というお話をしたところ、

「うちの子、大きくなったらクロ兄ちゃんみたいにシュッとした手足の長い、カッコいい猫になると思ってたんですけど、いまだにずっとゴロンとした体型のままなんですよ」

と、おっしゃいまして…。

「…違いますよ。◯◯ちゃんは標準サイズの猫さんで、クロが長すぎるんです!!

と力説したのでした(笑)

そして、クロは『カッコいい』という言葉が似合わない猫だなぁ…としみじみ思ってしまって(クロには内緒ですよ!笑)
確かに手足は長いし、顔も胴体も細めでキュッとしたくびれもあるけど…
やっぱり中身が伴っていないからでしょうか…(笑)

かっこよくないし、相変わらず大人になる気配はありませんが、いつも癒しや笑いをくれるクロに、明日は改めて感謝を伝えようと思う今日この頃です。

2018年

3月

28日

ネタが豊富

月曜日に、クロがカーテンレールを壊しました…(汗)
レールを留めている部分が、上に乗ったクロの重さに耐えきれずに割れてしまったようです…。
なんてこったい…。

猫がカーテンレールに上るという話はよく聞きますが、クロが上っているところは今まで見たことがありませんでした。
レールが壊れた時にすごい音がしてクロがダッシュで逃げていったので、そこで初めて『クロが乗っていたんだな』とは思ったのですが…(苦笑)
(写真は、レールを直した直後にクロが乗ってきたところを撮りました)

クロに出会ってもうすぐ3年が経ちますが、この月日の中で「猫がよくやるよね〜!」ということを順調にクリアしています。
毛布でモミモミする、ダンボールに入る、紙袋をかぶる、キュウリを怖がる、キーボードの上で寝る、ソファーで爪を研ぐ、使っているペンにまとわりつく、洋服の紐を抜く、虫を採る、カーテンを登る、テーブルに乗っているものを落とす、料理に手を突っ込む、夜中の大運動会など。
…イタズラもかなり含まれているので、これをクリアと呼んでいいのかは不明ですが(笑)、とにかくよく聞く“猫あるあるエピソード”をどんどんやってくれているのです。

前に飼っていたトラが物静かな子だったから、ギャップに驚いちゃうなぁと思っていたのですが。

最近、保護猫活動をしている方に

「クロちゃんは本当にネタが豊富だよね〜!」

と言われました。

『いやいや、きっと保護猫さんたちをたくさん見てる方なら、クロみたいなエピソードをもっと持ってるでしょう!』と思った時にハッと気づきました。

みんなは、たくさんの猫を見てきての色んなエピソード。
クロは、1匹での色んなエピソード…(笑)

トラとのギャップではなく、実際に普通の猫さんたちと比べてもやはりクロのエピソード(特にイタズラ)は多すぎるのではないかなと、改めて思ったのでした(笑)

2018年

3月

22日

ケンカ

先日、仕事から帰ると、母とクロがケンカ中でした…(笑)
と言っても、クロがこっぴどく叱られて、いつもよりおとなしい、というぐらいだったのですが。

聞いてみると、我が家のストーブはヤカンが乗せられるようなタイプで、上にクロが乗っては危険だということで、ストーブの倍くらいの高さの柵を全面にしてあるのです。
しかし、クロはその日の夕方、横にある薄型テレビの上に乗り、そこからジャンプして柵を乗り越えてストーブの上に降りたったそうで…(汗)
そんな足場の悪いところからよく飛んだね…
というか、なんでそこまでしてストーブに上がるかな…

幸いにもストーブはついていないタイミングだったため大事には至りませんでしたが、もしスイッチオンの状態だったらヤケドしていたかもしれません。
そんなわけで、母がこっぴどく叱ったのだそう。

とりあえずまたやられては大変なので、テレビとストーブの距離を離し、ストーブの上にも網を張るか…?などと考えていたのですが、なんだかクロの様子がおかしい。
ごはんも食べずに、大人しく丸まっています。
いつもなら叱られたって3秒で忘れるクロなのに…(それはそれで問題ですが…苦笑)
さすがにいつもと違う、本気で怒っている母の様子には気づいたのかもしれません。

普段ならキッチンに立つ母のもとに行って、しょっちゅう『抱っこ!抱っこ!』『おんぶ!おんぶ!』とせがむはずなのに、そんな時にもただただ丸まっています。
母もそんなクロを無視し続け…。

夕飯を食べようとした時、ようやくクロがこっちにやって来ました。
そして、「ニャー…」と小さく鳴きながら、母のすねの辺りを前足でカリカリ。
そうしたら、

「クロちゃん……」

呼びかけたと思ったら、急に泣き出す母…!!
そんな母に、いつものようによじ登ろうとするクロ。
『えっ、お母さんなんで泣いてるの…』と冷静に思う娘(笑)

母はクロを抱き上げながら、

「『ごめんなさい』したんだよね?クロは賢い子だね。えらいえらい!」

褒められたクロはご満悦で母の顔にスリスリ♡

えっとー…これはハッピーエンドということでよかったのでしょうか?(笑)
仲直りしたからいいのかな。

クロが本当に反省していて、もう二度とストーブに上がらないでくれることを願います(汗)

2018年

3月

14日

あだ名

「クーロちゃん!」

『えっ?』と振り返るクロ。
ちょっと、そこで何してたの?(笑)

それは置いておいて…。
クロは自分の名前を理解しているようです。
一時期していたお返事はほとんどしなくなってしまいましたが、名前を呼ぶとだいたい振り返ります。

ふと思ったのですが、人間側が勝手にいろんな名前で呼んでいるのに、よく対応しています。

「クロ」「クロちゃん」「クロくん」

この辺はクロが基本となっているから気づくのかもしれませんが、

「黒猫くん」「黒い子」

…これも一応「クロ」という言葉が入っているからオーケーなのか…?
しかし、

「長い子(体が長いから)」「グルグルちゃん(喉を鳴らしながら鳴くから)」

そんな名前で呼んでも、一応わかってくれます(笑)
クロの対応能力すごいな。

ちなみに最近よく呼ぶあだ名は、「クロボ」です(笑)

元々母が「クロ坊や」と呼び始め、

クロ坊や
クロ坊
クロボ

と短縮されて現在の形となりました(笑)

一緒に暮らす時間と共に、これからもあだ名は増え続けそうです。

2018年

3月

08日

さっぽろ ほごねこ プロジェクト

『さっぽろ ほごねこ プロジェクト』が始まります!

うちの病院にはほぼ毎日、元・野良猫だった子たちがやってきます。
保護されて間もない子もいれば、我が家のクロもそうであるように野良猫出身の飼い猫さんもたくさんいます。
そして、新しいお家が見つかるのを何ヶ月、何年も保護団体の方の元でずーっと待ち続けている子も、実はたくさんいるのです。

保護団体の方たちと接するようになって、

「◯◯ちゃんのもらい手が見つかりました!」

との報告に喜ぶこともあれば、

「◯◯ちゃん、譲渡会に行ったけどなかなかお声がかからなくて…」

「トライアルに行ったけど先住の子と相性が合わなくて…」

との話を聞いて残念に思ったり。

そんな話に一喜一憂しつつ、「一喜一憂するだけではなく、何か自分に出来ることはないのかな」と思っていました。
もちろん動物看護師としての仕事を全力でやるのは当然ですが、私個人として何かお手伝いできないものかと…。

私のように思っている方も、きっとたくさんいるのではないでしょうか。
しかし、どのように協力したらいいのかわからない方たちもきっといるはず。
そこで、この『ほごねこプロジェクト』について、ぜひ知ってもらいたいと思いました。

札幌にいるたくさんの野良猫たち。
このプロジェクトではその子たちを、

個人・愛護団体が保護

獣医師会の会員病院で駆虫、予防、検査

避妊・去勢手術

里親さん探し・やむを得ない場合はリリース

という流れで、野良猫を飼い猫に!野良猫を増やさない!ことを目標にしています。

それにあたっての獣医療費を『保護主の負担』『獣医師会会員病院の負担』、そして『ふるさと納税』の3つの力でまかなって行くという活動です。

気になった方は、ぜひホームページを覗いてみてください!
プロジェクトの詳細や、ふるさと納税の寄付の仕方などが詳しく載っています。
http://sapporo-hogoneko.jp
(『さっぽろほごねこプロジェクト』で検索しても出てきます)
皆さまのご支援をよろしくお願いいたします!


2018年

2月

28日

新年度に向けて

新年度に向けて、すでに狂犬病ワクチンの準備が進んでおります!
来年度も北区の担当病院を務める当院には、ドーンとこんなに封筒の入った箱が届きました。
私の背の高さぐらいあったんですよ…!
(もう北区の動物病院にそれぞれ配り終えています)
北区だけでも狂犬病ワクチンを打つワンちゃんがこんなにいるんだなぁと再確認。

思えば、いつもは『狂犬病予防の時期です』というお知らせがコロンに届いていました。
それを見て、「飼い主さんたちにもお知らせが届き始めてるな」と鑑札やら注射済票やらの準備を始めていたのですが、今年はそれもないのですね。
ちょっぴり切ない…。

でも、春が来るのは楽しみですね!
日曜日には気温がプラス7℃にもなるんじゃ…?なんて話もありますし!
雪も寒さも、もうそろそろ勘弁していただきたい…(笑)
あったかい季節が待ち遠しい今日この頃です。

2018年

2月

22日

オリンピック

連日オリンピックが盛り上がっていますね!
今年3歳になるクロにとっては、初めての冬季オリンピック。
クロも夢中で見ています!

…と言っても、動く選手たちが面白いらしく、テレビをバシバシ叩いて遊んでいるだけなのですが…(笑)

猫ちゃんでフィギュアスケートが好きな子は多いですよね。
私が元々フィギュアスケートが好きでよく見ていて、その度にクロもテレビに飛びかかります!
そのため、羽生くんや宇野くんを捕まえようとするのは予想通りでした(笑)

でも、他の競技にも魅力的なものは多々あるようです。
ハーフパイプ、ビッグエア、大回転はかなり気に入ったようです!
意外なことに、フィギュア以外のスケート競技にはあまり興味を示さず、昨日のパシュートも「行けー!!頑張れー!!」と人間が大騒ぎしてもクロは遠くから見ているだけでした。
(おかげでじっくり見れましたけどね!おめでとう金メダル!!)

基準は何なのでしょう…?
夏のオリンピックではテレビに飛びつくことはなかったはず。
人がジャンプしたり回ったり、やっぱり猫じゃらし的要素がある競技が好きなのかもしれません。


2018年

2月

16日

モミモミ

前に飼っていたトラは、モミモミをめったにしない子でした。
8年くらい一緒にいたのに、トラのモミモミを見たのは3回くらいしかありません。

そのため、クロのモミモミの多さに驚いております!(笑)
1日に2回やってることもしょっちゅうありますしねぇ。

さらに先日、こんなこともありました。

『カリカリ…カリカリ…』という音が聞こえて振り返ると、クロがクローゼットを一生懸命開けていました。
扉が少し開くと、中に入り、何かを物色している模様。
カッチャカッチャとハンガーのぶつかる音が何度もして、クロは私の洋服を何枚も引っ張り出していて。
『コレじゃない…コレじゃない…』という声が聞こえてきそうなぐらい、必死に何かを探しています。

『もしや…』と思った私は、クロに呼びかけてみました。

「クロちゃん?あのー…もしかして探してるのはこれ?」

私の羽織っていた服を脱いで差し出すと、

『あ!!!』というような顔をしたクロが私の服に駆け寄り、すぐさま口でくわえてモミモミし始めたではありませんか!(笑)

モミモミってそんなに切羽詰まってするものなんですか!?(笑)
しかも、使う布にはこだわりがあるんですねぇ…。
色々と不思議なことをしてくれるクロなのでした。

2018年

2月

08日

3匹目の妄想

動物のいない動物病院はとても静か。

もちろん患者さんがいる時はワンちゃん・猫ちゃんの声が聞こえたり、爪の音が聞こえたり。

でも、帰ってしまうと本当にとても静かです。

コロンもグレーさんも鳴いたりしなかったのですが、それでもいないと、極端に静かでびっくりします。


今日、院長と話していて、

「3匹目の病院ウサギは現れるかな?」

なんて話になりました。


そこで、

「今度は跳ねるウサギだったらどうする!?」

なんて話になり。


おかしいですよね?

普通、ウサギさんは跳ねるものですから。

でも、5年間一緒だったミミンも、10日前まで一緒だったグレーさんも、2人とも出会った時にはすでに後ろ半身が麻痺していたので、跳ねる姿を見ていないのです。

患者さんのウサギさんも診察室でジャンプしていることはないので(そんな事になったら大変…!笑)、もしかして私、動物看護師なのにウサギさんが跳ねてるところってしばらく見ていない…!?


そう考えると…。

もし跳ねるウサギさんを飼うことになったら…


ケージの掃除している間にミミンとグレーさんみたいに箱に入れて待機させてたら…

きっと余裕のジャンプで飛び出して…

院内をピョンピョン跳ね回って…

思いがけないところに入り込んで足とか背骨とを傷めるんじゃ…


と、危険なことばかり思いついてしまいました(汗)

跳ねるウサギさん飼うのって大変だな…(汗)

(ピョンピョン跳ねてる姿を想像したらすごくかわいいけど…!)


跳ねないウサギさんを飼う方が大変そうに思われるかもしれませんが、今のところ跳ねない子しか飼ったことがない私としてはそれが普通なので←レアケース(笑)

特に大変なことってなかったんですよね。

跳ねられない分、シュルシュルシュルッ!と忍者のように走り回るのもかわいかったですし(笑)


そんな風に、何にも予定はないのですが、まだ見ぬウサギさんに想いを馳せるのでした。

(このホームページが出来た時にはすでにミミンはいなかったので、知らない方も多いかなと思い、今回はグレーさんとミミンの写真を載せておきますね)

2018年

1月

30日

グレーさん

土曜日に、グレーさんが息を引き取りました。
小学校への連絡を先に入れたかったため、こちらでの報告が遅くなってしまい、申し訳ありません。

土曜日のお昼は手術などが入っていて少し忙しかったのですが、それが落ち着いた頃。
後ろ向きで寝ているグレーさんをそばで眺めていたら、急にグレーさんが立ち上がり、ケージの外に顔を出しました。
次の瞬間、一気に呼吸の様子がおかしくなって倒れ、院長と私が見守る中、そのまま亡くなりました。
グレーさんの背中をさすりながら、「よくここまで頑張ったね」という言葉しか出て来ませんでした。
ここ数日は本当に苦しそうだったので…。

それでも、なんとか食べようとしていたグレーさん。
亡くなった当日も、ドライフルーツは少しずつ食べていました。
生きようとする力が本当に強い子でした。

「子供たちが会いに来てくれるんだって!」と報告した時、急にフードを食べ始めたグレーさん。
グレーさんは人間の言葉、わかってたのかな?
そこまでは元気な姿を見せられるように頑張ったんだよね。
本当に頑張り屋さんだね。

亡くなる前日までグルーミングをしていたグレーさん。
苦しいんだからそんなことまでしなくていいのに。
そんな状況でも身だしなみを整える、とっても女子力の高い子でした。

私にとっては、本当に救世主のような子で。
感謝しかありません。
かわいくてかわいくて、2ヶ月半なんて短すぎて、もっともっと一緒にいたかったけど。
それでも、この2ヶ月半の間にもらった想い出はたくさんあって。
グレーさんのように強く生きていかなければいけないなと思っています。

グレーさんの大好きなキャベツ。
まだ病院の冷蔵庫にたくさん残ってたんだけどな…。
グレーさんの分もキャベツたくさん食べて、元気に生きて行くからね。

ありがとう。
大好きなグレーさん。


2018年

1月

26日

会いに来てくれました!

今日、小学校の飼育委員の子たちがグレーさんに会いに来てくれました!
そして、感謝状まで用意してくれていて、飼育委員の子たちからのメッセージがたくさん書かれた冊子をいただきました。
みんなの想いが込められていて、とても嬉しいです!
(写真を載せて良いか確認し忘れてしまったので掲載できませんが、ワンちゃんとうさぎさんのカードに書かれていてとってもかわいいのです)

その中でも「残りの2匹を大切に育てます」というメッセージを読んで、とても嬉しく思いました。

グレーさんの他にあと2羽、学校で飼っているうさぎさんがいるようです。
グレーさんを通して、ぬいぐるみとは違う、動物を飼うことの難しさや命の大切さなどを学んでくれているんだろうなぁと、(ちょっと上から目線みたいになってしまいますが…汗)思ったりしました。

実はグレーさん、あまり調子がよくありません。
食欲はありそうなのですが、呼吸が苦しいようでなかなか食べられず。
だいぶ痩せてしまいました。

それでも、何とか野菜を食べたり、ドライフルーツを食べたり、本当に強い子だなと思います。

この危機を、どうか乗り切ってくれますように。

2018年

1月

18日

職業病

くつろぐグレーさんとは全然関係のない話なのですが。

皆さんは『これは職業病だな』と思うことってありますか?
私は、たまたま道ですれ違ったワンちゃんのやせ具合・太り具合を思わずチェックしてしまったり、
友人宅のちょっときかないワンちゃんが噛んできた時に、わりかし本気の保定をしてしまったり…(友人のお母さんが引いていました…笑)
ちょこちょこそう思うことはあるのですが。

今までで一番やらかしたなと思ったのは、北見の実家に帰省した時のこと。
私の場合、札幌で生活している時は携帯しか持っていないので、固定電話に出るのは職場でだけなんですね。

「はい!アニマルクリニック・クローバーです」

これが染み付いているわけです。

そんな中、帰省中に電話に出ようとしたら…

「はい!アニマル……村元です!!」

や、やらかしたーーー!!!

アニマル村元ってなに!!??
アニマル浜口さん的な…??(笑)

というか、1番困っているのは電話の向こう側の人でして…

「すみません!間違いました!ガチャッ…」

切られてしまいましたーーー…。
『どうしましょう、これ…』と思っていたら、すぐにまたかかってきたので、今度は冷静に、

「はい、村元です」

と、平然と電話に出たのでした(笑)

電話の向こう側の方、すみませんでした。
以後、気をつけます!!(笑)

2018年

1月

11日

常に遊ぶ

クロは今年の4月、3歳になります。
それにも関わらず、全く子猫感が抜けません!

体はこんなに大きいのに、子猫っぽく見えるのは一体…?と思ったのですが、おそらくいつでも遊びたいオーラがビンビンに出ているからではないかと気づきました。

基本、人間がクロを遊びに誘って断られたことはありません!(笑)
そして、私が帰宅した時、ふと目が合った時、手が離せない時、いつでも『遊ぶ??』という目で訴えてきます。
目で訴えるどころか、ネズミくんのオモチャを膝に乗せて来たり、足に絡みついて来たり、急に手をカジカジしたり…。
 “遊んで!” アピールがすごいのです!

しかし、こういうアピールを無視し続けると、『遊んで!』と言わなくなると聞きますし、『大人になるとこちらが誘っても遊ばなくなったりして寂しくなる』という話も聞きました。
なので、なるべくクロのお誘いは断らないようにしていたのです。

今は貴重な子猫の時間…!
遊んでくれなくなる前に、たくさん遊んでやらにゃあ…!

しかし、どうでしょう?
3歳を目前にしても、そのアピールが変わる気配はありません!
おかしいな…もうすっかり大人のはずでは…?

そんなことを疑問に感じつつ、今日もいつの間にかクロのかくれんぼに参加させられているのでした(笑)

2018年

1月

04日

仕事始め

皆さん、明けましておめでとうございます!
今日から病院は通常通り診察しております。

私としてはこの4日間のお休みがとても有意義に過ごせて、いいタイミングでリフレッシュ出来たなと思っています。
クロともたくさん遊べましたし!(この写真はただただびろーんと寝ているだけですが…笑)
何にも考えずにボーッとする時間も作れたせいか、気持ちも身体も元気になりまして、今朝はいつもより早く最寄り駅に着きました。
毎朝このぐらい余裕を持って行動できると良いのですが…(笑)

それでは、今年もどうぞよろしくお願いいたします!

2017年

12月

30日

2017年

みなさま、今年も大変お世話になりました。
特に2017年後半は、患者さんたちに支えられていることを改めて、ひしひしと感じた年となりました。

コロンが亡くなって、正直言うと仕事に行きたくない日もありました。
でも、あたたかい言葉をたくさんいただいたり、『今日はあの患者さんが来る日だ』と思うと、患者さんたちに会いたいから仕事に行ける自分がいました。

それは、昔の自分では考えられないことでした。

暗い話を少しだけ書かせていただきますと…。
私は子どもの頃、場面緘黙症(ばめんかんもくしょう)で、2年間ほど家族以外の人と全く話せない時期がありました。
もちろんその時期、友達なんて1人も出来ず…。

そのせいなのか、大人になっても人とコミュニケーションを取るのが本当に苦手で。
実は、動物看護師になろうと思ったのは、動物が大好きだということ以外に、『人とのコミュニケーションが苦手だから』というネガティブな理由もあったのです。


しかし、クローバーの面接の時に私は、

「どんな動物看護師になりたいですか?」

と、聞かれ、

「飼い主さんたちと積極的にコミュニケーションを取れる看護師になりたいです」

と答えました。

でもこれは『そういうことを私はやります!』ということではなく、本当に『そういう看護師さんになれたらいいけど…私には無理っぽいけど…』という、これまたネガティブな感情がありつつで…(笑)
『夢のまた夢』を面接で言ってしまったような気がしていました。

しかし、ブログなどをキッカケに、患者さんの側から話しかけていただくことも多くなり、少しずつこちらから話しかけたりも出来るようになって。

あの時の夢が叶ったか?と言われるとまだまだですが、10年以上経って、飼い主さんたちとコミュニケーションを取るのが好きな看護師には成長できたのかなと思います。

でもそれは、患者さんたちがあたたかく接してくださったからこそです。
どんくさい看護師なので、いつか「早くしろや!!」とか怒られる日が来るんじゃないかと思って10年あまり過ごしてきましたが(笑)
そんなこともなく、本当にあたたかく見守っていただいて。
本当に感謝しています。

特に2ヶ月前のあの日、ブログにコロンのことを書いた直後から、たくさんお言葉をいただいたり、お花などをわざわざ持ってきていただいて。
たくさんの方たちに支えられていることを改めて感じました。
本当にありがとうございました。

なんだか取り留めのない文章になってしまい、申し訳ありません。
でも、今しかこういうブログは書けないような気がしたので、そのまま載せさせていただきます。
相変わらず寝てる姿が長すぎるクロに免じて許してください(笑)

さて!来年は1月4日(木)より、通常通り診察しております。
来年もよろしくお願いいたします!
みなさま、良いお年をお迎えください。


2017年

12月

21日

ニンジン

相変わらず自分ではフードを食べないグレーさん。
(ふやかしフードを1粒ずつ口元に持っていくと食べてくれるんですけどね!)

そんな中、グレーさんは小学校でニンジンの皮を食べていたという話を思い出しまして。
試しにあげてみると、食べる食べる!

その図が上の写真です。
口からピローンと出ているのがニンジンの皮(笑)
ニンジンの皮をこんなに喜んで食べてくれるとは、なんてエコなんでしょう!

思えば『ウサギと言えばニンジン』というイメージなのに、ミミンにはどうしてあげていなかったんだろう?とも思いましたが。

「…あ、フードをモリモリ食べていたからか」とすぐ気がつきました(笑)

ちなみにグレーさん、白菜やキャベツなどもよく食べます。
葉物野菜は特に好きなようです。
フードもその勢いで食べてくれると助かるんですけどねぇ。

2017年

12月

15日

お薬攻防戦

吐くのが続いていたため、ここのところクロに胃薬を飲ませています。
(本人はいたって元気です!)

クロに薬を飲ませるのは子猫のころ以来。
私の手からあげたものは、薬でも何でも警戒せずに食べてしまうほど純粋無垢だったクロも、もうすっかり大人なわけで。
やはり、簡単には飲んでくれません。

もちろん、飼い主は動物看護師なので、嫌がっても喉に無理やり押し込んで飲ませていたのですが、薬の時間になると雰囲気を察して高い所に逃げるようになってしまいました…。
賢いヤツめ(笑)

そこで、飼い主さんたちがやっているとよく聞く『チュールに薬を混ぜて飲ませる』という方法を試してみることに!

「クロー!チュールだよー!」

案の定、慌てて降りてくるクロ。

「ほらほらー!おいしそうだねー!どうぞー」

クロの前に薬の混ざったチュールを差し出すと…
なんと、食べません!!
なんで!?

念のため、チュールのみであげてみると、そちらはペロッと完食。
薬入りがバレた…?

その日は結局、チュールまみれになった薬を喉に押し込んで飲ませたのですが、翌日にもう一度試してみることにしました。

今度はクロを呼んだりせずに、こっそりとお皿に薬入りチュールを入れました。
いかにも、バレたくないような感じに、物音もなるべく立てずに、そーっとお皿をテーブルの下に隠してその場を離れると…

降りてきたクロが…

薬入りチュールをバクバク食べているではありませんか!!(笑)
数秒でペロリと完食!!

薬が入っていたから食べなかったのではなく、なんとなく良くないものを食べさせられそうな雰囲気だったから食べなかったんですね…(笑)
これから薬を飲ませる時には、知恵比べになるんだなぁと思う今日この頃です。

2017年

12月

08日

まとめて食べない主義

ケージの床を取り外して洗っている間に、自らケージに戻ろうとするグレーさん。
もうすっかり居心地のいい場所になっているようです。

しかし、ドライフードをあまり食べてくれなくなってしまいました。
心配だったので、また注射器でふやかしフードをあげることになったのですが…。

抱き上げて注射器からあげると食べる食べる!
あげればあげるだけ食べるんじゃないかと思うほど、エンドレスで食べます!

しかし、床に降ろすと食べません。
抱き上げてお皿から直接ふやかしフードを与えようとしても…やっぱりダメ。
再び抱き上げて注射器を口元に持っていくと…再び食べる食べる!!(笑)
変な子(笑)

ずっと注射器であげなきゃいけないのは困ったなぁと思ってふと、グレーさんを抱き上げてふやけたフードを指でつかみ、1粒口元に運ぶと…

パクッ!…モグモグモグモグ…

食べました!!やった!!

試しにもう1粒。

パクッ!

もういっちょう〜!

パクッ!

今度はちょっとまとめて2粒にしてみよう!

パクパクッ!

いいねぇ!次は3粒〜!!

……


3粒になった途端、食べなくなりました(苦笑)
1粒に戻すとまた食べ始めるグレーさん。

もしかして、3粒以上はまとめて食べない主義ですか…?(笑)

手から食べてくれるようになったのはありがたいのですが、これからも食べさせる時には苦労しそうです。

2017年

12月

01日

12月1日

2008年春の、ある朝。

「犬が車にひかれたんです!」

柴系のミックス犬がベニヤ板に乗せられ、運び込まれました。
立ち上がれず横になっていて、額にも痛々しい傷が…。
そんな状況にも関わらず、『この子、すごい美人さんだな』と不謹慎ながらも思ったことを今でもよく覚えています。

“コロ” という名のミックス犬は、レントゲン検査の結果、背骨が折れてしまっていることが判明。
うちの病院に一晩入院した後、骨折の手術ができる病院に転院することになったのですが。
コロは一般家庭で飼われていた子ではなく、今後の手術やリハビリ、介護などをしていくことは難しかったようで…。

このままではサヨナラになってしまうであろうコロの点滴を外しつつ私が泣いていると、それを見た院長が、

「…ウチでもらうか」

そう言ってくれました。

コロはその日のうちに院長の知り合いの病院に運ばれ、骨折の手術を受けて、翌日帰って来ました。

「コロ、よく頑張ったね!」

話しかけつつ気になったのは、『コロ』という名前。
その時期、よく通院していたワンちゃんに『コロ』という子がいて、話をしていてもどっちのことなのか紛らわしく…。

「それなら、本人にも違和感がないように『コロン』に改名して、『ン』は小さく呼ぶようにしたらいいんじゃない?」

こうして、コロンはクローバーの病院犬となったのでした。


それから約9年半、いろんなことがありました。
私は後ろ半身の麻痺したワンコの扱いは初めてだったので、オシッコをしぼったり、リハビリをしたり、戸惑うことがたくさんありました。

しかしコロンは、急に前足だけで生活しなければならなくなったとは思えないほど、元気に、ポジティブに生きているような気がしました。

チャッチャカチャッチャカ♪とスキップするかのようなリズムで走り寄って来たり、
初めて乗った車椅子でもなんの躊躇もなく走り回ったり。

アトピーのために年単位でつけることになったエリザベスカラーも、それが自分の一部かのように器用に生活していて。

本当に強い子。

悪さやイタズラもたくさんしたけど、人間には絶対に歯を当てることをしなくて。
お子さんにも安心してさわってもらえるような優しい子。
輸血が必要な子のためにコロンの血をもらった時にも、保定をしなくても黙って血を採らせてくれて。
自分の仕事をわかってくれてたのかな?

それ以外にも、ダンボールを縛っていると必ずやって来て、手伝おうとしてくれたり。
私の体調が悪い時には、いち早く気づいて走って来てくれていました。
本当に不思議な子。


本当は、11月1日にあった犬の日も、来年の戌年も、一緒に迎えたかった。
そして何より、今日の誕生日を一緒に迎えて、「16歳おめでとう!」って伝えたかった。

でも、誕生日まで持たないだろうというのは少し前から気づいていて。
でも、そうやって冷静に捉えている動物看護師としての自分の他に、
『奇跡が起きるかもしれない』と信じている、コロンの飼い主として、コロンの家族としての自分もいて。

少しずつ心の準備をしていたつもりでしたが、結局ちゃんとした整理はつけられないままに、お別れの時はやって来ました。


あれから、もう1ヶ月以上経ったんですね。
コロンが生きている時はあんなに遠いと思っていた12月1日は、あっという間にやって来ました。

直後は悲しさでいっぱいで(これを書きながらもまた泣いてしまってはいますが)、どうしていいかわからないような日々でした。
コロンにもう会えないなんて信じられなくて…。


でも気づいたことがあります。
最近病院にやって来たウサギ・グレーさんが教えてくれました。

グレーさんの後ろ足が動かないと知った時、
私はまず『オシッコは自分で出せるのかしら?』と確認。
出せていないようなので院長に確認し、オシッコしぼり。
お尻が便で汚れていたためシャンプーし、ドライヤー。
ごはんを自力で食べないので強制給餌。

…これらは、私の体が自然にやっていたことでした。
でも、学校で習ったことじゃない。
後ろ半身の麻痺した動物の扱い方なんて実習はありません。
ミミンと過ごした日々が、体に染みついているんだなと感じました。


だからきっと。


コロンと過ごした日々も、私の中に染みついているんだと思います。
会えるとか、会えないとかじゃなくて、常に一緒にいるのかもしれないなと、ふと思いました。
一緒に生活する中で、動物看護師としても、1人の人間としても成長させてくれたコロン。
本当にありがとね。
コロンに教わったことを大切にして、頑張るからね!


2017年

11月

24日

人見知り

嵐のコンサートを観るために、先週から今週にかけて関東の友達姉妹が家に泊まりに来ていました。
その子の家では犬を5匹飼っていて、家族全員動物が大好きらしいです!

今年、飼っていたウサギさんが亡くなったそうで、買いだめしてあったフードを「グレーちゃんにあげて!」と持って来てくれました(しかも4袋も!)。
助かるなぁ。ありがたやありがたや…。

そんな動物好きの2人なので、クロに会うのをとても楽しみにしてくれていました。

しかし、クロは思った以上に人見知りを発揮!
隠れたりするほどではないのですが、タンスの上に登ったりして、手の届かないところから2人を観察しています(笑)
猫じゃらしを振ってもらっても、ヒモを見せても、なかなかこっちに降りてきません。
やっぱり大人になったクロは誰でもオーケーじゃないのかぁ…と思っていたのですが。

ある夜、コンサートから帰ってきた友達が、

友「今日はこれが取れたよ!」

と、銀テープを見せてくれた瞬間…!!

ドタッ!!

シャッ!!

銀テープに襲いかかるクロ!!

私「クロ!やめて!大事なものなんだよ!!」

制止しようとしたのですが、

友「あー!やっと来てくれた!ここのクシャッとしてる部分ならいいよ〜!」

と、銀テープでクロと遊んでくれました。
嵐の銀テープだなんて…そんな貴重なもので遊ばせてもらって…
クロちゃん、これは本当にめったにない経験なのだよ…。

そんなキッカケで少し仲良くなれた友達は、クロを抱っこすることに成功!
気づけば、インスタにクロの写真を載せたりもしてくれていました(笑)
(いつの間に撮ってたんだい…笑)

だんだん慣れてきたクロは、お客様の前でもこのモミモミを披露していたようです。
随分リラックスして過ごしてたんだねぇ。
また遊んでもらえるといいね!

2017年

11月

18日

10日が経ちました

グレーさんと過ごす日々が始まり、10日が経ちました。
(性別は女の子のようです!)

始めはふやかしフードを注射器で食べさせていたのですが、だんだんとお皿から食べるようになり、今ではふやかさなくてもボリボリガツガツ食べています!

水もよく飲みます。
お皿からペロペロ飲み、足りなくなるとボトルからも飲みます。
おそらく、小学校ではボトルで飲んだことはなかったと思うのですが…。
グレーさんは順応性が高いようです。

よく食べてよく飲んで…を繰り返しているうちに、体力もついてきたのか、動きが良くなっています。

小学校の飼育委員の子たちがグレーさんのお見舞いに来てくれたのですが、
「元気になってるー!!」「ツヤツヤしてるー!!」と喜んでくれました。
もうちょっと体力をつけて、他のウサギさん達とのフード争奪戦に負けないぐらいになってほしいものです。

写真は、麻痺のせいかと思いますが、後ろ足を投げ出してるように見えて、リラックスタイム風のグレーさん(笑)
病院にかなり馴染んで来ています。


2017年

11月

10日

グレーさん

一昨日、小学校のウサギさんが診察にやってきました。

土の中で動けなくなっていたらしく、子供達も心配していたとのこと。
診察してみると、後ろ半身が麻痺してしまっているようでした…。
動けなくてあまり食べられなかったのか、かなり痩せてしまっています。

麻痺のせいで便は垂れ流しですし、オシッコは膀胱がパンパンになって溢れた分だけが出ている状態。
清潔に保つためにはシャンプーしてあげなければならず、さらにオシッコはしぼってあげなくてはなりません。
この子を小学校でお世話をするのはなかなか大変…。

ということで、しばらくの間、病院で預かることになりました。
名前は『グレー』と言います。
ずっとお尻が汚れていたせいか、陰部が腫れてしまい、性別がはっきりしないため、「グレーちゃん」でも「グレーくん」でもなく、「グレーさん」と呼んでいます(笑)

コロンがいなくなってしまい、本当に寂しい毎日の中、このタイミングで半身麻痺の子が病院にやって来るということに、少なからず運命を感じてしまうのでした。

ねぇ、コロン、ミミン?
君たち、あえてこの子を病院に送り込んでない?(笑)

ふとした瞬間に落ち込んでしまっていた気持ちを、グレーさんが癒してくれる日々が始まりました。

2017年

11月

02日

ありがとうございました

ご報告が遅くなってしまいましたが、
10月29日にコロンが虹の橋を渡りました。

コロンのいない生活にはまだ慣れず、出勤してくると姿を探してキョロキョロしてしまいます。
仕事中にも時間になると『コロンのオシッコしぼらなきゃ!』『ごはんあげなきゃ!』となりますし、
薬を落としてしまった時に『コロンが食べたら大変!』と慌てて拾ったりして、なかなか慣れそうにありません。

そういう時に限らず、ふと、何でもない瞬間に

『あれ?コロンはどこだ?』

と思ってしまう瞬間があって…。

ジワーッと寂しさが押し寄せてきます。


そんな中。
患者さん達が優しい言葉をかけてくださり、本当に励まされました。
さらにお花や、オヤツやお菓子、犬用のマット、写真立てなど、コロンのためにたくさん持ってきていただいて…!

たくさんの温かい想いに囲まれたコロンはとても幸せそうです。
それを感じられて、私も幸せです。

本当にありがとうございました!!

コロンの回復を祈ってくださった皆様も、本当に感謝しています。
16歳には届きませんでしたが、皆様の応援のおかげで、ここまでコロンは頑張れたのだと思います。 

本当にありがとうございました!!


2017年

10月

26日

コロン

今朝9時に、コロンが息を引き取りました。

9時からの診察に向けて準備をしている最中に様子がおかしくなり、そのまま…という形だったので、私と院長とでその瞬間に立ち会うことができました。

眠っている状態のまま、「おかしい」と思ってから間もなく旅立ってしまったので、本当に苦しまずに最期を迎えられたと思います。

応援してくださった皆さま、本当にありがとうございました。

2017年

10月

25日

ここ2週間ぐらいのこと

更新が滞ってしまいましたが…
その間に、コロンがとうとう寝たきりになってしまいました…。
動けないのに動こうとして肩が外れるようになってしまい、それを元に戻してテーピングしたりしていたのですが、そのうち起き上がれなくなって…。

皮下点滴をし、水に溶かした缶詰を口から飲ませていたのですが、今日には顔近辺が麻痺してしまったのか、口が開かなくなってしまいました。

16歳を目指していたのですが、1か月先の誕生日が、とてもとても、遠く感じられます。

2017年

10月

12日

不思議なポーズ

「あのワンちゃん、大丈夫ですか?」

「あー、コロンですか?もうすぐ16歳のおばあちゃんなんですよー」

「あっ…足は…あんな感じで大丈夫なんですか?」

改めて見てみたら…確かにこの足の角度はおかしい…(笑)
グニャンとなってますもんね。
普通、歳を取ってもこんな開脚になりませんもんね。
開脚は立てなくなる前からのものだったので、すっかり見慣れてしまっていました。

すごく不思議な格好ですが、コロンはウトウトすると開脚になるクセがあったので、案外この姿勢は心地いいのかもしれません。

立ち上がるのは難しくなってしまいましたが、気づけばマットから降りたりしているので、どうにか自分で少しは動けているようです。
完全に寝たきりになるまでの時間を少しでも稼げるといいなと思う今日この頃です。

2017年

10月

05日

診察時間変更の予定

獣医師会業務のため、診察時間を変更させていただく日があります。

☆11月17日(金)…午後の診察時間は4時から6時まで

☆12月6日(水)…午後の診察時間は4時から5時まで

と、させていただきます。
ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

なお、両日とも午前中は通常通り診察しております。

2017年

10月

04日

2匹目…?

先日、専門学校時代の友達とご飯を食べに行きました!
そこで、

「猫、2匹目とかは飼わないの?」

と聞かれ。

「う〜ん…」と悩んだ私。

考えていたのは、クロとの相性や、クロが多頭飼いに向いているか。
そして、もう一つ。

トラはとてもおとなしい子でした。
イタズラなんてしませんでしたし、爪とぎの場所も1箇所に決まっていましたし、遊びもゆったりと歩き回るだけ。

そのイメージでクロを家族に迎え入れたので、『猫がこんなにアクティブな生き物だったとは…!』とすごくびっくりしました…(笑)
今ではもう慣れっこですが、ほぼ毎日イタズラをし、どんな場所でも爪をとぎ、人が少しボーッとしていようものならすぐに猫じゃらしを持ってきて誘います!

始めは『子猫だから…』と思っていましたが、2歳を過ぎた今でもイタズラは続いており。
料理に手を突っこむ、クローゼットに浸入してパーカーの紐を抜く、チャッピーとトラの仏壇を破壊する…
これらのイタズラを全てここ1週間でやっています…(苦笑)

それを考えた結果…

「今は無理かな!クロとトラとか、トラとトラだったらいいけど、もしもクロとクロだったら大惨事だよ!?」

と答えましたとさ(笑)

クロが2匹いると思ったらすごくかわいいですけどねーーー!!
でも、2匹でイタズラされたら、家を破壊される気がするのでとりあえずはやめておこうと思います(笑)

2017年

9月

27日

コロンの調子

先週末からコロンの調子があまり良くありません。
元気がなかったので血液検査をしてみたところ、腎臓の数値がかなり上がってしまっていました…。
ずっと調子よく来ていたのに…。

それと同時に、前足の力がかなり弱ってしまっているようで、立ち上がれない時もあったりします。
昨日は車椅子をつけての散歩にも行けず…。
散歩、あんなに好きだったのになぁ…。

しかし、『もしかしたらこの前足が弱って来たために、水を飲みに行きづらくなっていたのではないか?』ということになりました。
腎臓病には、水分をよく摂ってもらうことがとても大切。
それが出来なかったせいで腎臓の値が上がってしまったのかもしれません。

ということで、検査の直後に皮下点滴を実施。
コロンは後ろ半身が麻痺しているため、後ろのほうに針を刺して点滴をしても気づいていないようでした。
そういうストレスがないのはラッキーだよね、コロン!

そして、水もスポイトや注射器を使ってなるべく飲ませるようにしながら様子を見ています。
食欲は復活してきたのか、よく食べています。
よく食べて、よく飲んで、回復して行ってくれますように!!

2017年

9月

20日

カミナリ

昨日も今日も、結構雷が鳴っていましたね。
それでもコロンはいつもと同じスタンス。
マットの上でゴロゴロしております。
昔はあんなに雷を怖がっていたのに、嘘みたいですねぇ。

若かりし頃のコロンは大きな音や変わった音がとても苦手でした。
ドライヤーの音、掃除機の音にいちいちビックリして、走ってどこかに逃げようとしていました。
洗濯機の『ピロリローン♪』という洗濯終了の合図にも驚き、逃げ出すコロン。
…『ピロリローン♪』に怖い要素なんて何もないとは思うのですが(笑)、本人は必死でした。

しかし、病院犬になった以上、これらの音は毎日聞かなければならないわけです。
掃除機をかければ違う部屋に逃げ、洗濯機の『ピロリローン♪』に驚き、ドライヤーが嫌すぎてダッシュして自力じゃ登れない段差に引っかかり…。
そのせいでよくゼーゼーしていました(苦笑)

普段の生活音でそんな様子ですから、雷みたいな大きな音が鳴ると、それこそパニック!!
雷が鳴っている間、ずーっと病院中を走り続け、「ハッ…ハッ…ハッ…」と息を切らしていました。
とても気の毒だけど、雷はどうしてあげることも出来ず…。

しかし、そんなコロンもおばあちゃんになり、耳が遠くなったおかげで、雷は克服出来たようです。
前なら人間の耳では聞こえないレベルの雷さえも察知して震えていたのに、今日はあれだけ雷が鳴ってもぐっすり夢の中でした。
耳が遠くなるのも、悪いことばかりではなかったようです。

2017年

9月

14日

キズモノ…?

仕事柄、私はよく腕に傷ができます。
猫さんに引っかかれたり、ワンコさんに噛まれたり、ウサギさんにパンチされたり(←これはミミンだけですが…笑)。
でも、個人的には特に気になりません。
噛まれたその子が嫌いになるとか、引っかかれたからトラウマになるとかも今のところなく。
ちょっと鈍感なのかもしれません(笑)
あとは、育ってきた環境のせいもあるかと思われます。

小学生の時に初めて飼ったワンコが、実はよく噛む子でした…(苦笑)
噛まれた私が、泣きながらそれを母に報告すると、

「犬なんだから噛むの当たり前でしょ!!」

と怒られて育ちました(笑)

『いやいやお母さん、当たり前じゃないでしょ!!』とツッコミを入れたくなる事件ですが、その当時は『そうなのか…』としか思わず。
この育ち方のおかげで、動物に攻撃されてもトラウマにならないこの性格が生まれ、ある意味、動物看護師になるための英才教育を受けていたのではないかと思ったりします(笑)

しかし、親戚などには気にする人も多く…。
特に祖母には、

「キズモノになったら、お嫁に行けなくなる…!」

としょっちゅう言われまして…。
(『こんなんでキズモノだと言うような人はこっちが願い下げだよ?』と私は思うわけですが。笑)

『痛そうだねぇ』とか『治らないねぇ』とか傷自体を心配してくれるのはありがたいのですが、これで “キズモノ” と言われるのはなんだかなぁ…と思っている中で、たまたまこんな文面を見つけました。

“ リストキャットの跡は、一生残る想い出 ”

猫につけられた傷=リストキャットって呼ばれているのですね!!(笑)
なんてセンスのいい呼び方なのでしょう!!
そして、「一生残る想い出」。
そうそう!それです!
私にとって、この傷たちはまさに想い出なのです!!

すごくしっくり来る言葉が見つかって、なんだか嬉しくてこんなブログを書いてしまいました(笑)
クロにもしっかり、リストキャットを残してもらわなくては!!

2017年

9月

06日

ご来場ありがとうございました!

土曜日、無事に『ペットと人の暮らしヒロバ 2017』を終えることができました。
ご来場の皆さま、応援してくださった皆さま、ありがとうございました!

私もこんなにちゃんと最初から最後までいたのは初めてで、色々なブースを見て回りました。
長寿犬猫表彰式では、当院からも21才の日本猫・しまちゃんが表彰され、感動しながら見守りました。
しまちゃん、これからも長生きしてね!
来年もぜひ表彰式に!

院長が担当していた獣医さん体験も覗きに行きました。
エコー検査を体験できるブースになっていて、楽しそうでした!
(さすがに私は体験しなかったのですが…笑)
小さなお子さん達が獣医さんになりきって、一生懸命検査をしている姿がかわいかったです。

猫ちゃんの里親募集のテントにも行ってみました。
ニャン友ねっとわーくの猫ちゃん達はうちの病院にもよく来るので、『どの子が来てるのかなー?どうしてるかなー?』と外からそっと見ていると、

「見るだけでもいいので、どうぞ!中で見て行ってください!」

と声をかけられてしまい(笑)、誘われるがままにテントの中へ。
よく病院に来ている人は見当たらなかったので、そのまま猫ちゃんたちに話しかけたりしていたら、知っている方を発見!
しかし、向こうは気づいていないようで、

「かわいいですよねー!」

と、話しかけられ(笑)
(普段ユニフォーム姿しか見たことないですから、私服じゃわからないですよね!)
一応、名乗ったほうがいいかなと思い、

「私、アニマルクリニック・クローバーの看護師で…」

と言ったら、

「あ!!えぇっ!?あぁぁぁ!!」

とパニックに!(←申し訳ない…)
他の作業していたメンバーの方も呼んで紹介していただき(←さらに申し訳ない…!)

しかも、

「代表!!クローバーの看護師さんです!!」

と代表まで呼んでいただいて(本当ごめんなさい…!汗)
ただただ『こんにちは〜』と言おうと思っただけだったのに大ごとになってしまって焦ったのでした(笑)

そんなこんなで色んな人にも会えて楽しい一日でした。
来年はどんなイベントになるのでしょう?
今から楽しみです!





2017年

8月

30日

今週の土曜日

今週の土曜日、チ・カ・ホ(地下歩行空間)と赤れんが庁舎にて、『人とペットの暮らしHIROBA 2017』が開催されます。
(そのため、診察はお休みとなっております。ご注意ください!)
動物愛護フェスティバルが去年から生まれ変わり、このイベントとなりました。
いろんなブースがあるようですよ!

チ・カ・ホのステージでは、長寿犬猫や児童動物画コンクールの表彰式、我が家のペット自慢などのイベントが行われます!
私は去年、テントの方しか見られなかったので、今年はステージも色々見たいなと思っています。

赤れんが庁舎前庭会場には各団体によるテントでのイベントが行われます。
獣医師さん体験では、超音波検査の体験ができたりするみたいですよ!
専門学校さんのテントでは、犬のブラッシング体験やフェルトワークショップなど、楽しそうなものが色々と!
保護団体さんの主催する保護犬・保護猫の譲渡会も開催されます。
動物を飼おうか迷っている方、覗いてみてはいかがでしょうか?

赤れんが庁舎前庭ステージでは、音楽ライブや大道芸人パフォーマンスも行われるようです。
これは意外でした!
どんなステージになるのでしょう?楽しみです!

そして、赤れんが庁舎2階会議室会場では、『サイエンス・プチ・カレッジ』と題しまして、動物に関する講義が行われます。
元・ノラ猫のクロを飼っている身として、
【ノラ猫と遺伝病のはなし】(10:30〜12:00)という議題も気になるのですが、すごく気になるのがその後の講義。

【イイうんちの作り方】12:00〜17:15

…長くないですか!?(笑)
5時間15分、うんちの話…
そんなに話すことって…
いやいや!大事な話だからたっぷり話すのかしら…

とにかく、気になっています(笑)

もしもお時間のある方は、9月2日(土)チ・カ・ホ、そして赤れんが庁舎にぜひお立ち寄りください!
10時〜17時ごろまでやっていますよ!

2017年

8月

23日

クロの独り言

こんにちは、クロです!
たまにはボクも、ブログってやつを書いてみたくなったので、書いてみます。

ボクは5人兄弟で、外で生まれてすぐ兄弟と一緒にほごされました。
兄弟は3人がサバトラ柄で、ボクともう1人が黒猫でした。
里親さんをぼしゅうしても、体が黒いうえに、すみっこにいることが多かったボクは、みんなで写真を撮っても「そんざいかん」っていうのがなかったみたいで、ボクだけ売れ残ってしまいました。

でも、「ちびくろ」という仮の名前がなじんで来たある日。
新しいお家が決まったと教えられました。
「ちびくろ、売れ残りからどうぶつ病院のかんごしさんのお家にもらわれるなんて、大出世だよ!」
とも言われたりしました。

そして、今にいたります。

ボクはずっと気になっている。
「大出世」ってなんだろう?
だいしゅっせ…うーん…?

たしかにボクのおかあさんは変わっている。
「爪切りごっこするよー!」ってボクの爪を切ってくる。
子どもの時は気づかなかったけど、それじゃあ、ただの爪切りだとさいきん気づいた。

それに、「採血ごっこするよー!」ってボク首を片手でおさえて、「はい、チックン!」って刺すマネをする。
これも、前はそういう遊びだと思っていたけど、ほかの猫たちはこの遊びはやってないらしい。

大出世…
すごく変わったおかあさんのもとにもらわれることを「だいしゅっせ」って言うのかもしれない。


                                                             by. クロ



2017年

8月

15日

写真展

昨日まで三越本館で行われていた岩合光昭さんの写真展『ねこの京都』に行って来ました。
祖母が家に来たり、祖母の家に行ったりとバタバタしていたので一度は諦めかけましたが、昨日ちょうど時間が出来たので、ギリギリセーフで見に行くことができました!

お寺や茶室など、京都らしい場所で過ごしている猫たちの様子が、四季ごとに分けて写真に収められていました。
どの子もかわいい!
そして、京都の景色と猫たちが相まって、とてもキレイな写真たち!

『自分の毛色をわかっているのか、その場に似合う猫がやってくる』

というようなコメントが書いてあり、確かにその通りだなと。
イチョウの中を歩く茶トラさん、モミジの中の黒猫さん…みんな自分がよく映える場所を知っているのかなぁなんて思いました。

個人的には、キジトラや黒猫をどうしても探してしまいまい、見つけると「あ、トラだ!」とか「クロがいた!」とか言ってしまったのですが(笑)
写真下のコメント欄には猫たちの名前も書いてあり、前半のほうで写っていた黒猫には『ロク』、後半のほうでは『クロベエ』と名前が付いていました。
ストレートで『クロ』はいなかったか…とちょっと残念に思っていたら、その後、『トラ』という猫を発見!
「おぉっ!」と思ったのですが、そのトラは白黒のハチワレっぽい柄の子で…!
トラ感はゼロでした(笑)
どうして『トラ』って名前にしたのか気になりつつ…。
でもまぁ!トラっぽくなくても、「猫=トラ」というようなイメージもありますものね!
我が家のように見た目そのまんまの名前の子は少ないのかなぁ…。

そんな楽しみ方もしつつ、思っていた以上にゆったりと見てしまいました。
自由気ままな猫たちに囲まれ、癒しの時間を過ごしたのでした。


ちなみに、病院はお盆休みはありませんので、通常通り診療しておりますよー!

2017年

8月

09日

世界猫の日

昨日(8月8日)は、『世界猫の日』だったそうですね!
全然知らなかった…。
知らぬ間に終わってしまった…。

ということで、1日遅れですが、クロの写真を何枚か載せようと思います!

左上から右回りに、だんだんと成長しています。
左上は、ウチの子になることが決まり、家に連れて帰る日に病院で撮ったもの。
若い!!幼い!!(笑)
それまでも病院で会ってはいたものの、その時はまだ「動物看護師と保護猫」という関係性だったので、「飼い主と愛猫」になった日はお互いに緊張していたのを覚えています。
クロは震えていて、しばらくなで続け、ようやく私の指に『スリッ』とアゴを擦りつけてくれました。

そんな控えめだったのが嘘のようにヤンチャさを発揮しだした頃が、右上の写真。
カーテンに登る!ソファーで爪とぎ!味噌汁に猫パンチ!…などなど、色々とやらかしてくれました(笑)

右下は1歳半くらいの頃。
箱に入るのも、袋に入るのも大好き!
でも、だいぶ体も大きくなってきていて(大きくというよりも、随分長くなったような…笑)、とても狭そうな印象が…。

左下は1番最近の写真。
キリッとして、顔つきも大人っぽくなったような。
まだまだイタズラもたくさんしますけどね!(笑)

これからも、元気に過ごして行ってほしいものです!

2017年

8月

03日

おもしろ動画

9月2日(土)に赤レンガ庁舎会場・地下歩行空間にて『人とペットの暮らしひろば 2017』が行われます。

そのイベントの1つとして、『我が家のペット自慢』というコーナーがあり、ペットのおもしろ写真や動画を募集しています!
しかし、もうすぐ締め切りにも関わらず、動画は5つくらいしか集まっていないとのこと…(苦笑)

そのため、「おもしろ動画を撮ってくるように!」と、動物病院関係者にお達しがありました(笑)

おもしろ動画…。
クロは毎日のように色々やらかしてくれますが、動画を撮るとなると案外難しいものです。
ふと気づけばカーテンを登っていたり、仰向けにひっくり返って伸びていたり、小さな箱に頭からホールインワンしていたり…。
でもカメラを構えるとなかなかやってくれないのですよねぇ…。

カメラを向けながら待っていても何もハプニングは起こらなそうなので、自分から仕掛けてみることにしました。
クロはキュウリが嫌いなのですが、キュウリの作り物は好きでして(笑)
キュウリの作り物で遊んでいるクロの動画を撮ってみました!

完成品を母に見せたら…

「…これって……面白いの?」

…んー……面白くはないかも……(苦笑)

猫がキュウリ(作り物)で遊んでるというところに、シュールさを感じてもらえはしないでしょうかね…?
いや、そもそも。
おもしろ動画ってこうやって撮るものじゃないような…(笑)

5日まで作品を募集しているので、気になった方はぜひ、札幌市小動物獣医師会のホームページから応募してみてください!
あと2日あります!
私も、もう少し粘ってダメなら、キュウリ動画を応募してみようと思います(笑)

2017年

7月

25日

SFTSのニュース

昨夜、今朝と、このニュースに驚いた方も多いのではないでしょうか?

野良猫にかまれた50代の女性が、SFTS(重症熱性血小板減少症)にかかり、亡くなったというのです。
猫を介してSFTSを発症した可能性が高いそうで…。

現在、院内に貼るポスターを製作中ですが、まだ未完成ですので、とりあえずHPで対策を!

SFTSマダニが運ぶウイルスによる感染症です。

猫ちゃんはとにかく、外に出さないことが大切です!
山などに行かなくても、その辺の草むらにマダニは生息しています…!

そして、
野良猫の保護には十分気をつけましょう!
病院には保護団体の方もたくさんいらっしゃるので…心配しています。
お互い気をつけましょう…!

散歩に出ることも多いワンちゃんの対策ですが、
マダニを予防することが大切です!

ワンちゃんには1回飲めば3ヶ月効くマダニ予防のお薬があります。
※気になる方は、病院にご相談ください。


しかし、動物からの感染よりも、マダニに直接人がかまれることでSFTSを発症することが多いとのことですので、

草むらに入る時などはなるべく肌を露出しないなど、人間側の対策も必要ですね。

マダニは春だけでなく、秋にもピークの時期が来ますので、これからますます気をつけて行かなければなりませんね!

2017年

7月

21日

アイドルショット!?

コロンのアイドルショット!!
…と見せかけて、実は暑がっているだけです(笑)

暑い日が続きましたねぇ…。
今日も蒸し蒸ししてますし…。

猫ちゃんは比較的暑さに強い子や、暑いのが好きな子が多いように思いますが、ワンちゃんのほとんどは暑さが苦手です。
コロンもハァハァしていることが多くなりました。
(でも、このハァハァしている顔がとびっきりの笑顔に見えて、個人的には好きです。コロンとしては、心外でしょうが…笑)

暑さ対策として、ドライフードをふやかして、冷凍庫で凍らせてみました。
簡単犬用アイス!!
コロンも喜んで食べたのですが、そのあとお腹を壊してしまって…(苦笑)
毎年あげていたのですが、だいぶおばあちゃん犬になったコロンにとってはちょっとキツかったようです。

風通しを良くしたりしつつ、コロンがなるべく快適にこの夏を乗り切れるようにしたいものです。

2017年

7月

14日

お気に入りのフード

暑い日が続いていますねぇ。
皆さんは体調を崩したりしていませんか?

コロンは暑さのせいなのか、腎臓病のせいなのか、はたまた甘えているだけなのか、自分でゴハンを食べてくれません…。
ふやかして、口に入れないと食べなかったり、口に入れてもボロボロ出してしまったり。

そんな中、救世主が現れました!
業者さんにもらったドッグフードのサンプルをコロンにあげてみたところ、食べる食べる!!
ふやかしフードしか食べなかったのに、ドライのままで、しかも自力で食べてくれるようになったのです!!

でも、今までも『はじめは食いつきが良くても、すぐに食べなくなる』というパターンがあったので、少し様子を見ていましたが、1週間経ってもしっかり食べていて。
これはいいフードを見つけた☆

ということで、とりあえず2kgの袋を注文。
取り寄せになるとのことで、しばらくは違うフードで繋ぎ、ようやくコロンのお気に入りゴハンが届きました。

「コロンの大好きなゴハン、やっと来たねー!どうぞー!」

コロンにあげてみると…


なんと…


食べない!!!
あろうことか、一口も食べない……(苦笑)

えっ…なんで…。
食欲がないのかな…と思って、とりあえずいつも飲んでいる薬を先にあげてみると、そちらはバクバク食べます…。
いやいや…なんで…。

おそらく…フードが届くのを待っている間に、このフードに飽きてしまったんじゃないかと…(苦笑)
やめてよーコローン…
2kgもあるんだからさぁ…
せめて、注文する前に飽きてよーーー(笑)

結局ふやかしてみると、自分で食べるようになったのでひと安心ですが、そのうちまた口に入れて食べさせるようになりそうな予感です。

ちなみに、写真はダニ予防の薬を飲ませているところ。
この薬は美味しいみたいで、自主的に食べます(笑)

2017年

7月

07日

ブランケット・キャッツ

現在NHKでやっている『ブランケット・キャッツ』いうドラマ、皆さんは見ていますか?
私は友達にオススメされて、2話から見始めました!
(見始めたと言っても、まだ2話しか見ていませんが…笑)

ざっくり言うと、主人公の秀亮が、亡くなった奥さんの残して行った7匹の猫の里親を探すストーリー。
動物もののドラマは、どうしても職業病が出てしまい『あー、そんな抱き方したら危ないー!』とか『子猫に牛乳あげないでー!』とか思ってしまうのですが(笑)
そんなヒヤヒヤすることもなく見れましたし、里親を探す時には家のチェックに行ったり、猫を飼うトライアル期間を設けていたり、実際に保護団体の方達がやっているようなことがちゃんと描かれていてよかったです。

中でも、

「猫は場所が変わることがかなりのストレスになってしまうため、お気に入りのブランケットを必ず近くに置いてあげてください」

という話は自分でも最近、身を持って経験したので、なるほどなぁと思ってしまいました。

クロも、引っ越してすぐは落ち着かずに棚の裏に隠れていたのに、気づけばこの黄色のブランケットをくわえてモミモミしていて…。
このブランケットのおかげで、早めに落ち着きを取り戻せたのかなぁ…なんて思いました。

すっかりクロのお気に入りとなってしまった黄色のブランケット。
でもこれ、実はスキマスイッチのグッズです(笑)
ファンクラブで期間限定で売られてたものなんですよー!
もう買えないのに…まさかクロに取られるなんて…(笑)
(買ってあげたものでなく、意図してないものがお気に入りになってしまうものですよね…笑)

2017年

6月

30日

肉球

肉球ってかわいいですよね〜。
クロがこういうポーズで寝ていると、思わず触りたくなってしまいます。

見た目もかわいいし、プニプニの触り心地も最高!
そして、個人的には肉球の匂いも好きです(笑)
ポップコーンみたいな香りがしませんか?(私だけですか?)
疲れた日には、クロの肉球の匂いをかいでリラックス!
クロも特に嫌がりもせずにかがせてくれて、この癒し効果は抜群です。

クロは全身黒いだけあって、肉球も真っ黒ですが、たまに肉球がピンク色の子が来ると、それもまた触りたくなってしまいます。
ピンクの肉球って、なんであんなにかわいいんだろう…(クロに怒られそう。笑)

ちなみにクロは本当に全身真っ黒ですが、クチビルの色だけは白いのです!
クロの隠れたチャームポイントとなっています(笑)

2017年

6月

28日

診察時間変更や休診のお知らせ(7/16更新)

獣医師会業務のため、診察時間変更休診させていただく日があります。(7/16 休診予定を追加)

7月28日(金)…午後は4時〜6時まで

8月24日(木)…午後は5時〜7時まで

◎8月27日(日)…休診

◎9月2日(土)…午前・午後とも休診

9月29日(金)…午後は4時〜6時まで

ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。
また、診療時間が変更になる日がさらに増える可能性もありますので、ホームページのこまめなチェックをお願いいたします。

2017年

6月

22日

前足は使わない主義

アゴがかゆいコロン。
気づけば食器を乗せる台のところに寝そべり、アゴを擦り付けていました(笑)

昔は寝そべって、前足でアゴをかいたりもしていたはずなのですが、最近では全くやらなくなりました。
エリザベスカラー歴が長すぎて、自分の足では届かないと思い込んでいるのかな…?

ちなみに、ガムをあげた時にも前足を使わずに食べます!
普通のワンちゃんなら、両前足でガムを挟んで食べると思うのですが、コロンは上を向きながら口だけでクチャクチャ食べるのです!
…すごく食べにくそうです(笑)
カラーのせいで前足で出来るはずの技術が退化してしまっているような…(苦笑)

しかし、カラー生活の中で身についたのでしょう。
頭をかいたりするのはすごく上手です!
椅子に擦り付けてみたり、ちょうど開いていた引き出しを使ったり、しゃがんでいる人間の膝に頭をゴシゴシしてみたり…(笑)
『物(または人)を利用してかゆい所をかく』という技術は、カラーが取れた今も色んな場面で生かされているようです。

2017年

6月

15日

引越しを終えて

引っ越しを終えてから、2週間ほど経ちました。
クロはと言いますと…

全力で遊びまわっています!!(笑)

あまりにも普通すぎて、引越し前にあんなに心配していたのがすぐに吹っ飛んでしまい、ここで報告するのが大変遅くなってしまいました…。
ご心配をおかけしてすみません!

引越し初日は、業者さんの出入りも激しかったせいか、さすがのクロも棚の裏から出てこなくなってしまいました。
呼んでも、ゴハンを見せても、オモチャを出しても、5時間くらい出て来ず…。
その時はさすがに

『やっぱり猫に引越しはキツかったか…』

と思っていたのです。

しかし、引越し作業に疲れた私たちが1時間ほどお昼寝をして、起きたら…
クロが自ら棚の裏から出てきました!
部屋の隅から隅までウロウロ。
私たちが静かにそれを見守っていたら…

敷いてあったマットレスの上で豪快にゴローン!
(上の写真参照。ちなみにこれは仰向けです。笑)

さっきまで警戒していたのが嘘のように、のびのびと寝ていました。

そこからは全然平気になったらしく、ダンボールの中に入ったり、ドアノブに飛びついて開けたり、まだ家具のない部屋の中を縦横無尽に走り回ったり…!
本当に、常に遊んでいます!

初めて住む家なのに、毎日のように嬉しそうにモミモミしたりもしています。
お気に入りの毛布をくわえて、グルグル言いながら、一生懸命モミモミモミモミ…。
(下の写真参照)
あまりのリラックス具合にびっくりです(笑)

子猫の頃からあんまり性格変わってないよなぁ…と思ってはいましたが、ここまで順応性が高いとは。
『クロは天然っぽいし、もしかして細かいことは何にも考えてないのかしら…』と思いつつ(笑)、飼い主として本当に助かっています!

2017年

6月

07日

お散歩

最近、コロンはまた車椅子を付けて散歩に行き始めています!
この嬉しそうな顔!!(笑)

前足の力が衰えてきていて、なかなか思うように動けないことも多いのですが、相変わらず散歩は好きみたいです。

ただ、病院の前のスロープは自力では登れなくなってしまいました。
前はすごい勢いで登ってたのになぁ。
勢いつけすぎて転んだりしてたっけ…(笑)
ダッシュすると私より速かったりもしていましたが、さすがに15歳ですもんね。
もうおばあちゃんですから、無理しないでくれるぐらいのほうがいいのかもしれません。

散歩から帰って来ると、車椅子を外してもしばらくの間はササッと動けていたりします。
車椅子の名残りが残っているのかな?
いつかは寝たきりになってしまう日も来るかと思いますが、なるべくこのまま、前足で歩ける時間が長く続いてくれるといいなと思います。

これからもいっぱい楽しく散歩に行けるといいね!

2017年

6月

01日

予防ラッシュ

春はワンちゃんの予防系がいっぺん来ますね!
狂犬病にフィラリア。
みなさんはもうお済みですか?

フィラリアはもう飲み始めの時期です!
まだの方はお早めに!

毎年、はじめの予防薬を飲み始める前には必ず血液検査をし、フィラリアに感染していないかチェックしましょう。
(もしも感染したまま予防薬を飲むと、ショックを起こす危険性があります)

コロンも検査をし、今年も無事にフィラリア感染はありませんでしたので(写真左下)、5月末にお薬を飲ませました(写真右)。
コロンはいつもこの薬を楽しみにしていて、ペロリと食べましたよー!(笑)

そして、予防薬とは日にちをずらし、狂犬病のワクチンも接種しました。
(狂犬病は6月の末までに打ちましょうね!)

コロンは病院犬ですから、病院が怖いなんてこともなく。
さらに下半身麻痺のため、後ろ足に注射を打たれたからと言って痛いこともありません。
そのため、こんな冷静な顔で注射されています(写真上)。
みんな一大イベントなのに、コロンは得してるねー(笑)

2017年

5月

27日

引っ越し

実は、我が家は来週引っ越すことになりまして、今はその荷造りにてんやわんやでございます。
引っ越しの大変さを噛み締めつつ、1番気になっているのはクロのこと。
ちゃんと新しい家に馴染んでくれるといいのですが…。

クロは外で生まれた子です。
そこから保護され、管理センターへ。
管理センターからニャン友ねっとわーくの方に引き出され、ニャン友さんに育ててもらって。
乳飲み子を卒業した頃、違うニャン友さんのお家に移動し、そこで3ヶ月齢まで育ててもらい、それから我が家にやってきました。
たった3ヶ月の間に、4回も引っ越しを経験している、言わば引っ越しのプロ!!

しかし、それは本当に小さい時の話。
順応性の高い子猫の時期だからこそ平気でいられたと思いますが、基本的に猫ちゃんは家につく動物です。
2歳になったクロは、5度目の引っ越しも元気に乗り越えてくれるか……?

そんな心配をよそに、ブレーカーを落とすという激しいイタズラで荷造りの邪魔をしてくるクロ(笑)
未だに子猫みたいな性格のクロだから、今回も大丈夫であってほしいものです。

2017年

5月

19日

『旅猫リポート』

「これを読んだら、猫が飼いたくなったよ!」

と、友達にオススメされ、『旅猫リポート』という本を読んでみました。
サトルという男性が、大切にしていた愛猫・ナナを、止む終えない事情で手放さなければいけなくなり、新しい飼い主探しの旅に出る物語です。

勧めてくれた友達は動物を飼ったことがなく、その子が本を読んで『飼いたくなった』と聞いていたので、はじめは「もしかしたら、猫のいい面しか書いていないのかも…?」と思っていました。
が、読んでみると、猫らしさ全開の内容で!
ナナは、良くも悪くも “ザ・ねこ” !!(笑)
フィクションなのですが、本当に共感できる話ばかりでした。

物語は、ナナの目線で始まります。
ちょっと生意気に聞こえるナナの口調ですが、「猫ってそういうこと考えてそう!」と思えることばかり!

“(爪は)壁や柱は困るようだったので、家具や絨毯で研ぐようにした。
家具や絨毯だと男はどうしても駄目だとは言わなかったのだ。
最初のころはちょっと悲しそうな顔をしていたけれど、僕は空気を読む猫なので絶対に駄目なこととそうでないことは嗅ぎ分けられる。
家具と絨毯は「絶対」に駄目ではない。”

という文章があり、これにすごく共感してしまいました。
トラは本当に困らないもの(お風呂のマットや、使わなくなった敷物)でしか爪とぎしなかったけなぁ。
クロは、赤ちゃんの頃はどこでも爪とぎしてたけど、今は本当にナナと一緒!
「して欲しくないけど、絶対にダメというほどではない」場所で爪とぎをしています。
例えば、ハンガーに掛けてある発表会用のドレスでは爪とぎをしないけど、一緒に掛けてあるヨガウェアではしょっちゅう研いでいて…
(もちろん本当はヨガウェアでもやってほしくありません…笑)
猫たちの、自己中心的ながらも空気を読む性質って、すごいものがありますね。

猫らしさ全開のナナに夢中になって楽しく読み進めていましたが、読んでいくと、涙なしには読み進められませんでした…。
裏表紙のあらすじを読んで、はじめからわかってはいたんですけどね。
新しい飼い主を探すための旅だということは…。

キュッと胸を締め付けられるようなシーンが多々ありながらも、猫と生活している喜びや、猫との絆を再確認できるストーリーでとても面白かったです。
クロと過ごす時間を、もっともっと大切にしたいと思いました。

2017年

5月

12日

小さな子猫の大きなパワー

昨日、保護猫さんが診察に来ました。
子猫3兄弟だったのですが、そのうち1匹はまだ90gしかない赤ちゃん!!
子猫は見慣れているとはいえ、ここまでのサイズだとあまりに小さくて、か弱くて、危うい。

『ちゃんとしっかり育ってくれるかな…』と思いつつ、カルテを見直してみると、クロがまだ「51ちゃん」と番号で呼ばれていた時代の記録が。

そこには、

「51」BW(体重)99g→翌日 89g

との1文がありました。

すっかり忘れていましたが、クロが初めて病院に来た日、体重は99gしかなかったんですね…!
しかも翌日89gまで減ってるし…。

そこからよくこんなに大きく育ったものです。
今では5kg近くありますからね!
手乗りサイズだったなんて信じられません。

そんな小さい時期に母猫とはぐれて、どれだけ不安だったかな?
母猫が恋しくなることはないかしら…?

色々想いを巡らせていましたが、家に帰ってクロ本人に会ったら、そういう発想は吹き飛びました。
たぶんこの子…そこまで考えてないような気がする…(笑)
むしろ、この家で、人間から生まれたと思っているような気すらします…(笑)

話は逸れましたが、現在のクロの元気のことを考えると、あの100gもない小さな体の中に秘められたパワーみたいなものを感じるようになりました。
あの子達もきっと、元気に育ってくれるはず!
すくすく育ってくれますように!

2017年

5月

06日

名前の由来

家でカタログを見つつ、「黒がいいなー」「えー、黒は地味じゃない?」なんて会話を母としていたところ、
どこからともなく『クルルッ♡』という声が。

あ…クロ…(笑)

ごめんね、クロちゃん。
お返事してくれたんだけど、その「クロ」じゃなくてね…。

クロ『えっ…ボクじゃないの?』

私「そう、違うんだよ。黒って色のことでね」

クロ『なんでそんな紛らわしい名前つけたの?』

私「そ、それは…。どんな色にも染まらない、自分を貫く子になってほしいから、クロって名付けたのだよ」

クロ『そうなんだ!!かっこいい!!』


…はい。もちろん嘘です(笑)
真っ黒だから「クロ」と名付けました←単純(笑)

歴代の我が家の動物たちは、そういう名前の付けられ方をしてきたのです。
先代犬は茶色いから「チャッピー」。
先代猫はトラ柄だから「トラ」。

そして、現在の黒猫の「クロ」。

ちなみに我が家に置いてあるシロクマのぬいぐるみは「シロ」…(笑)

もう少しひねりの効いた名前を付けてみたいものですが、すでにこれが我が家の流れになってしまっているので、もしもまた動物を家族に迎え入れるとしても、単純な名前になりそうな気がする今日このごろです。

2017年

4月

27日

いつでも遊びたい!

『噛じるぞー!』のポーズをしているクロ。
今朝、私がごはんを食べようと食卓についたら、急に襲いかかってきました(笑)
(激しい戦いごっこの途中のため、写真がブレてしまいました…!)

2歳になっても、遊ぶの大好きキャラは全く変わらず!
いつでも遊べる機会をうかがっています。

人間が雑誌を開けばその上に寝そべってアピール。
料理を始めればエプロンで爪をとぎ。
ちょっとかがめば背中に飛び乗って…。
クロには…遠慮というものはないのかい?(笑)

でも、このクロが遠慮するようになったら、きっと寂しいんだろうな…とも思ったりします。
料理が終わるのを見計らって遊びに誘うような、気遣い大人猫になったらどうしよう…(←無駄な心配。笑)

イタズラもたくさんされますが、クロのこの明るいキャラクターを大事にしていきたいです。

2017年

4月

22日

GWについて

ゴールデンウィーク中も通常通り(月曜:休診日、日曜・祝日:午後休診)診察しております。

4月29日(土・祝)・30日 (日)…午後休診

5月1日(月)…休診日

2日(火)…午前・午後とも診療

3日(水・祝)〜5日(金・祝)…午後休診

6日(土)…午前・午後とも診療

7日(日)…午後休診

8日(月)…休診日

2017年

4月

18日

コロンのお仕事

先々週の日曜日、コロンは獣医師セミナーに参加してきました!
コロンの仕事は、エコー検査のモデル犬です。

車での移動には疲れてしまっていたようですが、慣れない場所でもやはりコロンは動じず。
検査の実習中もおとなしく過ごしていたみたいです。

エコー検査ということで、お腹とかにエコーを当てたのかな?と思っていたら、コロンは目の検査担当だったそうで!
眼球に直接エコーを当てたみたいです。
(※写真参照。部屋を暗くしての検査なので、ちょっとボケた感じになっています。)
眼球に当てるって…人間でもちょっと怖いですね…!

でもコロンはむしろ、『抑えられてる=触ってくれてる』というポジティブなわんこなので、むしろ嬉しそうだったようです(笑)
いっぱい触ってもらえてよかったね!
お疲れ様、コロン!!

2017年

4月

07日

クロ誕生日

昨日はクロの誕生日でした。
もう2歳になったなんて、なんだか信じられません!
体は大きくなっているんですけどね。
性格はずーっと子猫みたいです(笑)

患者さんに、

「クロちゃんを選んだ決め手みたいなものはあったんですか?」

と聞かれて、思い出しました。

先代猫のトラが亡くなって、毎日が悲しさでいっぱいだったあの頃。
保護された子猫たちの動画を見ていたら、みんなが遊んでいる中、オモチャに興味を示さず、黙って座っている子猫が1匹。
体の色も真っ黒で目立たず、とても控え目な印象でした。

『オモチャで遊ばないなんて、トラみたいだな』

そう思ったのが、クロを選んだ決め手でした。

本当はトラと同じキジトラを飼おうと決めていたのですが、トラの『人は好きだけど控え目』な性格が大好きだったので、この子もきっとそんな子に育つのだろうと、この黒猫くんに声をかけてみることにしました。


ずっと読んでくださっている方たちならご存知かと思いますが…。

第一印象のまま育つとは限らないものですね!!!(笑)

こんなにオモチャの好きな、遊ぶのが大好きな、自己主張の激しいニャンコになるなんて!!!(笑)

クロは家に来た直後から、トラのことを悲しむ余裕がないくらい、たっっっくさんイタズラをしてくれました。
毎日朝3時から顔の上にダイブされ、毎日家のどこかが破壊されていました…(苦笑)
泣いている暇はなくなり、掃除に片付けにてんやわんや!!
…のはずなのに、我が家の笑顔は増えて行きました。

トラとはまた違う、クロはクロなりの方法で幸せを運んで来てくれたんですね。

ありがとう、クロ!
これからもよろしくね!


2017年

4月

01日

映画『SING』

映画『SING』を観に行ってきました!!
この映画、私にとって本当にたまらないです。
なぜなら、ご存知の通り私は動物全般が大好きで。
歌も好きで、そしてスキマスイッチも好きという!!(笑)
(スキマスイッチの大橋さんが、ゴリラの男の子の声優を務めています)
こんなに好きなものが集まった映画が観られるなんて☆

ストーリーは、潰れかけの劇場で開催される歌のオーディションのお話なのですが、そこには色々な動物たちが登場します。
経営難の劇場のオーナーであるコアラに、ギャングの父親を持つ男の子ゴリラ、25匹の子供を育てるお母さんブタ、彼氏と上手く行かない女の子ヤマアラシ…などなど。

それぞれに人生のストーリーがあって、それぞれに共感できる部分がたくさんあって、本当に面白い映画でした。
ストーリーに触れてしまうとネタバレになってしまうので、違う部分について書きたいと思うのですが。

とにかく動物たちがかわいい!!
かわいすぎます!!
特に毛のフサフサ感、ふわふわ感がすごくて。
毛の1本1本までリアルに描かれていてびっくりしました。
CGだとわかっていながらも、触りたい!なでたい!と思ってしまいます。
コアラなんてもうもう!
家に連れて帰りたいぐらいでした(実物のコアラが家にいたら怖いですけどね。笑)

ヤマアラシの女の子がメイクをするシーンがあるのですが、まぶたにキラキラのアイシャドウを乗せただけで、本当にかわいくなったように見えるんですよねぇ。
本当に実在する女の子かのような。

動物たちの表情もすごくよくて。
ちょっとした耳の動きや目の動きが本物みたいに生き生きとして見えました。

公開している間に、もう一回観に行きたいなと思っています!

2017年

3月

24日

大人になった?

クロはもうすぐ2歳になります!
あっという間だったような、もっと長い時間一緒にいたような、なんだか不思議な気分です。

「少しは大人になったかなぁ」なんて話を母としていたのですが…。
あまりにも子猫の頃とキャラが変わっていなさすぎてパッと思いつかず(笑)

唯一出てきたのが『歯ブラシや耳かきを襲わなくなった!』という大変地味なものでした。
前は歯磨きをしていると、動いているのが面白いのか飛びかかって来ていたんですよ!
耳かきも同様です。
想像していただけるとわかるかと思うのですが、どっちもかなり危険です!!
口や耳に突っ込んでいる棒を攻撃してくるわけですからね…!
やらなくなって本当によかった…。

話は少し逸れますが、最近、私とクロには日課ができまして。
私が家に帰るとまず、クロをゴローンさせるのです。
そして、私がクロのお腹に顔をうずめて深呼吸するという、ただそれだけなのですが…←かなりの変態(笑)
クロの匂いを胸いっぱいに吸い込むと、疲れが吹き飛ぶんですよね!!

それを毎日繰り返していたら、

「クロちゃーん!疲れたから癒して〜♡」

とクロをなでなですると、

『仕方ないな。ほらよ』

とでも言うように、お腹を出してくれるようになりました(笑)
クロも心地良いのか、はたまた、子猫にお乳をあげる母猫のような気分なのか…(オスだけど)

理由はわかりませんが、人の言ってることを察して行動するようになったなんて。
やっぱりちゃんと大人になっているものなんですねぇ。

2017年

3月

17日

カプセル

コロンの特技・カプセル食いです!!(笑)

薬を飲ませるのに基本苦労しないコロンですが、カプセルに関しては薬という意識すらないみたいです。
いつも嬉しそうに取りに来ます。

しかも丸呑みではなく、ちゃんと味わって食べるんですよ〜。
クチャクチャとガムのように噛み、中身が出て来ても気にせずムシャムシャムシャムシャ。
カプセルに入っているぐらいですから、そんなにおいしい中身とは思えないんですけどね…(笑)

たまにずーっとムシャムシャしてると思いきや、唇にカプセルがくっついて取れなくなっていることも!
そういう時は自分では取れないようで、人に助けを求めて来ます。

そんな目に遭ってもカプセルへの情熱を忘れないコロンなのでした。


2017年

3月

11日

どうして…?

WBC盛り上がっていますね!
侍ジャパン、2次ラウンドも強さを発揮してほしいものです。

我が家も野球好きなので、毎試合欠かさず観ています!
しかし、それに納得行かないのがクロ。

『野球を見始めると、全然ボクのことほったらかしなんだから!!』

そう思っているのでしょう。

野球を入れると猫じゃらしを持って来て、何度も膝の上に置き、“遊んで!” アピールを開始!
私のごはんのお茶碗の中に猫じゃらしのネズミくんを入れられることも…(本当にやめてほしい…苦笑)

それでもテレビに夢中になっていると、テレビの前に寝そべって邪魔をします。
それでもかまってあげないと、画面の前でびろーんと伸びをして…(笑)

「見えないよー、避けてよー」と言いつつ、クロを抱っこ。
それからはクロを抱っこしたまま応援していたのですが。

第1戦、松田選手がホームランを打った瞬間に思わず、

「やったぁぁぁ!!」と叫んだら…

私の口の中にクロが顔を突っ込んできました…(笑)
クロのありえない行動にモゴモゴする私…(笑)

抱っこしてたからうるさかったのかしら?
…にしても、なんで顔を突っ込んで来たのでしょう(苦笑)
100歩譲って…前足を突っ込むとかでもよかったんじゃ…(それも嫌だけど…笑)

もうすぐ2歳になるクロですが、成長しても謎すぎる行動は続いているのでした(笑)

2017年

3月

03日

神出鬼没

紙袋の中に入り、ご満悦のクロ。
クロは本当に神出鬼没で、どこにでも現れます。
自分が居心地のいい場所にするために、前足で器用に棚の中に入っている物を全部出したり、テーブルの上に上がっている物を全部落としたり…
クロが入れないところはないぐらいです…(苦笑)

常にそんな感じなので、どこから現れてもあまりびっくりしなくなりました。
小さめの戸棚に入っていたって、もはや、

「あー、またそんなとこ入ってー」

ぐらいの感じです。

そんな中、昨日もカラーボックスの中にクロが入っていたので、

「クロちゃ〜ん。またそんなとこ入っちゃったの〜?」

と話しかけつつよく見ると…


黒いビニール袋でした…(笑)
クロじゃなかった…(笑)


そして、そんな様子を見ていた母が、

「お母さんもさっき間違えたわ」

とのことで(笑)

黒猫と、物が入った黒いビニール袋は大変紛らわしいです…(笑)
でもきっと皆さんもありますよね?
毛布を丸めて置いておいたら愛犬と間違えたり、モヘア生地の服を愛猫と間違えたり…(←どちらも実体験)

これからもクロと黒い物を間違える日々は続くことでしょう(笑)


2017年

2月

24日

缶詰生活

最近、コロンの食欲がまちまちで…。
ふやかしたりしてもなかなか自分では食べてくれず、無理やり口に入れて食べさせていました。
吐いたり下痢したりするわけでもなく、血液検査の値が悪くなっているわけでもないのに…。

そして、気づけば7.6kgくらいをキープしていた体重が、7.05kgまで落ちてしまいました…。
これは大変…!6kg台になっちゃう…!

とりあえず、少しでも太らせようと缶詰をあげてみることに。
そしたら、缶詰はコロンが自分で食べてくれました。
『これはいいぞ!』と思い、缶詰生活を続けた10日後。
再び体重測定をしてみると…

なんと7.85kg!!

え…?元より増えてる…
しかもたったの10日間で…
ふ、増えすぎです!!!(笑)

こんなに一気に増えるなんて。
心配して損したなぁ…。
というか、食べないのはもしかしてただの好き嫌いだったのかしら…(苦笑)

(写真は内容に全く関係ないのですが、前足を噛み噛みしている時のコロン。恐ろしい顔をしています…笑)

2017年

2月

18日

起こさなくてもよくないかい?

ここのところ朝方寒い日が多いせいか、クロは私のお腹の上で寝ています。
乗ってくれると暖かいし、ずっしり感がまたたまらなくかわいいです!

しかし、いつも乗り方が雑(笑)
こっちは寝てるんだから気を遣ってほしいものですが、クロはいつもお構いなし。
わざわざジャンプして飛び乗って来たりします…!
そして、いなくなる時もそーっと降りてほしいのに、お腹の上で無駄に踏み切って飛んで行きます…。
もう少し遠慮してくれないものでしょうか(笑)
いつも殴られたかのような衝撃に飛び起きてしまいます(笑)

先代猫のトラはその点、とーっても遠慮がちでした。
布団に一緒に入りたい時、私の耳元で『シュッシュッシュッシュッ』と鼻息をたてて起こし、私が布団をめくると入ってくるのでした。
なんて奥ゆかしい!

でも結局…どっちも寝てる私を起こすんですよね(笑)
起こさずに気づいたら一緒に寝てるというのが私の理想形なのですが…(笑)


2017年

2月

10日

引きこもり

「今日はコロンちゃん、いないんですか?」

患者さんたちに聞かれることが多くなりました。

それもそのはず。
コロンは最近、1日の大半を院内の隅っこで過ごしているのです。
出てくるのは水を飲む時ぐらいでしょうか。
電気もついていないような暗い場所に自分でマットを持って行って寝ているので、私たちからもあまり目につかないという、なんとも寂しいことに…(苦笑)

しかし、本人はそんな引きこもり生活を楽しんでいるようです。
いつもマットの上で気持ちよさそ〜うに爆睡。
人に邪魔されずに寝たいから、その場所まで行っているのかもしれませんね。

でも、ずーっと出て来ないのもなんなので、マットを勝手に明るい場所に持ってきてみました。
そうしたら、マットにつられたコロンがやっと明るいところに出てきて…

結局、マットの上で爆睡(笑)
やっぱり寝てるだけなのかぁ(笑)

まぁ、それでも!
見えるところで寝ていてくれた方が嬉しいので、これでヨシとします!

2017年

2月

04日

体当たり

昨日、家でミュージックステーションを見ていたら、クロが私の前に来て、体勢を低くし、お尻をフリフリ。
『あーそーぼっ!』のポーズです。
しかし、私はテレビを見るのに忙しく(大好きなスキマスイッチが出ていたのです。笑)、「あとでねー!」とお断りすると…。

ポトッ。

そっと、膝にネズミくんのオモチャ(写真参照)を置かれました(笑)
ネズミくんを私が手に取ると、喜んで飛びかかってくるクロ。

「違うよー!まだ遊ぶわけじゃないの!」

しかも、このネズミくんには鈴が付いており、できれば歌中に鳴らしてほしくない。
とりあえず、スキマスイッチの出番がない終わるまでは足の下に隠しておくことにしました。

私の周りでネズミくんを探し、何度も猫パンチを繰り出すクロ。
それでもネズミくんを返してもらえない上に、かまってもくれない。
穏やかに誘っていたクロも、限界だったのでしょう。

『コイツがある限り、ボクは遊んでもらえないんだ!』

そう思ったかは不明ですが、クロが突然テレビに体当たりしました!

バンッ!!!カシャカシャカシャッ!!!(←後半のは画面で爪をといだ音です…苦笑)

「クロ!何やってるの!!」

捕まえると、クロはゴロゴロゴロゴロ…♪
とっても嬉しそうでした(笑)
遊んでもらうためには手段を選ばないクロなのでした(笑)

2017年

1月

28日

黒猫グッズ

クロネコヤマトのマスキングテープを買ってしまいました!
先日、『黒猫マニアックス』という雑誌を買いまして、その中でクロネコヤマトグッズが紹介されていて、ずっと気になっていたのです。

やっぱり黒猫を家族として迎えると、黒猫モノに弱くなりますね…(笑)
他にもスケッチブックやクリアファイル、付箋なども売っていて、かなり誘惑されました…!

真っ黒で模様もなく、一見同じような顔に見える黒猫。
しかし、やっぱりそれぞれ個性がありますね。

クロネコヤマトくん(←勝手に命名)は、少しゴロンとした顔つき。
目もまん丸でかわいらしい。
うちのクロは…角度もあるかとは思いますが、ちょっとマヌケ顔(笑)
それがたまらなく可愛いんですけどね!!

不吉だと言われてしまうこともある黒猫。
でも、そんなことはありません。
幸せをいっぱい運んできてくれています。
私にとって黒猫グッズはお守りのようなものなのかもしれません。

2017年

1月

20日

耳先

写真では分かりにくいかと思いますが…。
コロンの耳先の毛が抜けてきています。

普通の毛替わりとは違い、ボソッと皮膚ごと抜けてしまうので、抜けた場所はハゲたまま。
皮膚の色も黒くなっています。

血行不良みたいです。
このまま行くと、せっかく生えた鼻の毛も抜けてしまうかもしれません…!
かゆみが落ち着いて来ているのに、違う原因ででハゲちゃうのはもったいないなぁ…。

温めたり、マッサージしたりして、少しでも血行が良くなるよう心がけて行こうと思います!
(コロンはマッサージが好きらしく、いつも気持ちよさそうです)

2017年

1月

13日

期待の目

コロンの後ろ足が化膿してしまいました。
蒸れてしまったようです…。
ずって履かせていた靴下をやめて、今は包帯のみにしています。

後ろ足を引きずっているコロンは、よく足が傷だらけになってしまいます。
体重もかかるし、硬い床に擦りつけてしまうし…
それを防ぐため、ふわふわの包帯を厚めに巻き、クッションようにしています。
(写真の水色の包帯です)
ふわふわ包帯と化膿止めのおかげか、今朝にはかなり良くなってきました!

化膿止めの薬を犬用のパンに隠して飲ませているのですが、コロンはそのパンがえらく気に入ったらしく…
私がカサカサと物音を立てただけでやって来ます(笑)
耳が遠くなったんじゃなかったの?(笑)

写真は「パンくれるの?」という期待を込めて走って来たコロンです。
ごめんね、パンはまた夜の薬の時にね!

2017年

1月

07日

2017年

新年のご挨拶が遅くなってしまいましたが…

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします!

酉年ですね。
皆さんは今年の年賀状、どんなデザインにしましたか?
私は基本いつも手書きなのですが、鳥さんはいろんな種類がいるので、何を描こうか大変迷いました…!
 
はじめにセキセイインコを描いてみたのですが、模様の入り方や色合いが難しい…!
何羽も描くのはちょっと…と思い、1枚でやめました(かわいかったんですけどね…)
次に描いたのはフクロウ。
フクロウはもう…顔が難しすぎて!
フクロウ好きなのに、まさかこんなにバランスの取りづらい顔だったとは…。
そんなわけでフクロウも1枚で終了。

結果的に1番多くの枚数を描いたのは、2羽の十姉妹です!(写真を参照してください)
なぜ十姉妹なのか。
写真を見て気づいてくださった方はいらっしゃるでしょうか…?

年末までやっていたドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』の十姉妹を意識して描きました!!
あのドラマにハマっていたのでそれにあやかることとしました!
…見ていなかった人には全く通じない年賀状であります(笑)
そして絵のクオリティが低い…(笑)

でもまぁ!
私らしい感じの年賀状に仕上がったのでヨシとしようと思います!!

2016年

12月

30日

仕事納め

一昨日から突然コロンのかゆみが出なくなっています!
全くかゆくないわけではないようなのですが、カラーを外していてもほぼ問題なく過ごせています。
…なぜ急に!?(笑)

アトピーの薬はずっと続けていたので、その効果が今になって現れて来たのでしょうか。
すごい時間差…。
それでもカラーを外していられるのはすごいことです!

かゆみがなくてよく眠れるせいなのか、他の調子も良いみたいです。
いつもよりシャキッとして見えませんか?
耳が常に立っていて、なんだか凛々しい!
良い新年を迎えられそうです!

今日で年内の診察は終了となります。
皆さま、今年も大変お世話になりました。
来年もよろしくお願いいたします!
(年明けは1月4日より通常通り診察いたします)

2016年

12月

24日

ワクチン

昨日コロンの混合ワクチンを打ちました。
これが打っている最中の写真です。
見てください、この余裕っぷり!!(笑)
後ろ半身が麻痺してしまっているため、注射を後ろ足に打っても気づきません。

病院が自分の家でもあるコロンは「動物病院に行くなんて怖いよ…」なんてこともなく。
とっても平和にワクチンを終えたのでした。

前に私の家で飼っていたチャッピーという中型犬は、子犬の頃から病院が大嫌いでした。
でも、私が動物病院に就職して受付に立つようになったので、『これで怖がることもなくなるかも…!』と思っていたのです。

そして迎えたチャッピー・ワクチンの日。
母がチャッピーを連れて、私のいる病院に初めてやってきました。
チャッピーのリアクションは…??


めちゃくちゃ怖がりました…(笑)


ベンチの下に隠れるわ、抱き上げれば噛もうとするわでもう…大惨事です(苦笑)
私が受付にいても怖いのは変わらないかぁ…とちょっとへこみました。
これからクロはどうなるんでしょう?
病院を怖がらない子に育ってくれてるといいな

2016年

12月

17日

格闘中…!

コロンがなかなか処方食を食べてくれません!
好きなフードならガツガツ食べるので、単に好き嫌いしているだけだと思うのですが…。
毎日、色々な方法を試しながら格闘しています。

とりあえず、ドライフードの硬いままよりも柔らかいほうがコロンは食べやすいようなので、ふやかしてあげることにしました。
それにもこだわりがあるようで、ふやかし時間が30分以上のものしか食べず、少しでも硬い部分があったりすると、口に入れてからポロポロ出したりします…。
なんてこだわりの強い子なの…(苦笑)

あと最近発見したのが、スプーンを使って食べさせると意外と食べてくれるということです!
中身は変わらないのに。
何か特別なものをもらっているような気分になるのかもしれませんね(笑)

だいぶ高齢になってきて、下を向いて食べるのが辛いのもあるようです。
元々フードは台に乗せてはいましたが、入院室の段差を使うと、写真のように少し楽に食べられるようです。
フードを食べさせるため、工夫の日々は続いて行きます。


2016年

12月

10日

マットコレクション

コロンは誕生日に新しいマットをもらいました!
今年だけでなく、今までの誕生日もマットをもらうことが多かったコロン。
数えてみたら、5枚もありました!
こんなにマットを持ってるわんこ、そうそういないのではないかと…(笑)
しかし、コロンは汚してしまうことも多いのでこれだけあると洗い替えにも困らず、非常に助かっております。
ローテーションで、どれも使わせていただいていますよ!

もらった順にアルファベットをふってみました。
Aのマットが1番年季が入っています。
コロンはこのマットが来るまで、ずっとバスタオルの上で寝ていました。
初めてもらったマット。
とても喜んで上に乗っていたのを覚えています。

コロンが今日使っているBのマットは、Aと同じものなのですが、歴史が少し短い分、Aよりキレイな状態を保っています(笑)

Cのマットはサイズがどれよりも大きいので、この上ではのびのびと寝られますね〜。

Dのマットはコロンの1番のお気に入り!
ふわっふわで心地よいらしく、乗ったらほとんど1日中この上にいます。
あまりにも心地よいのか、ごはんを食べるのすらめんどくさがり、全くマットから降りようとしないことも…(苦笑)
そのままでは筋肉が衰えてしまいそうなので、お気に入りではあるものの、登場回数は少なめとなっております…。

Eが今回、誕生日にもらったマットです。
さすが新しいだけあって、全くヨレヨレ感がありません!
しかし、実はもう2回も洗濯しています…コロンが汚してしまって…。
もらってから10日しか経ってないのに…(笑)

そんなマット達に、毎日癒されているコロンなのでした。

2016年

12月

01日

コロンバースデー

今日、コロンは15歳になりました!!
いつの間に!?というのが素直な感想です(笑)
ずっと一緒にいると、そこまで歳を取ったような気がしないものですねぇ。

誕生日なので、体重を測ったり、血液検査をしてみました。
体重は先月より少し減っていました。
処方食を嫌がってなかなか食べないんです。
無理やり食べさせてはいましたが…甘かったか…。
3ヶ月ぶりの血液検査のほうは、リンが少し上がっていたものの、心配していた腎臓の他の値は正常値を保っていて一安心です。
これからもしっかり薬を飲ませなければ!

しかし、だんだんと足の力は弱って来ているような感じがします。
コロンには前足しかないので、前足をかなり酷使してるよなぁ…と思いつつ。
少しでも長く立っていられるように、「まだまだ頑張ってね」と願いを込めて、前足をマッサージする日々です。

コロンおめでとう!
まだまだ長生きしてね☆

2016年

11月

25日

1歳半

クロも気づけば1歳半。
ずっとそばにいるせいか、そんな風に見えません。
少しは大人になったのでしょうか(笑)
本人はまだまだ子猫気分のようです。

写真は手を捕まえられているところですが、クロが寝ているところをまたごうとしたら、大抵足をゲットされ、このようにカジカジされます。
悪い顔してるでしょう?(笑)
でも、これをグルッグル言いながら嬉しそうにやるのです。
そして、その姿があまりにもかわいくて、思う存分カジカジさせてしまうという…(←親バカ)

何でもオモチャにしてしまうのも子猫のころから変わっていません。
ポッキーなどの箱をペリペリッと開封する時にできる細長い厚紙がありますよね?
クロはあれが大好きなのです。
コレクションしているんです(笑)

捨てようとすると『返してー!』と言わんばかりに飛びついて来て、どこかへ持ち去ってしまいます。
そして、数日経ってからそのペリペリで遊んでいたりして驚くこともしばしば。
たまにソファの下を覗くと、何個もペリペリがストックしてあったりします(笑)
これからもクロの不思議な遊びに期待です!(笑)

2016年

11月

19日

ダンボール

出会った頃から、コロンはなぜかダンボールが大好き!!
収集車の来る前日にダンボールを紐でまとめていると、喜んで側にやってきます。

昔はお手伝いもしてくれていたんですよ!
浮いてしまって縛りづらい時にはダンボールの端に乗って押さえていてくれたり、「引っ張って!」と言ったらダンボールの端をくわえて引っ張ったりしてくれていました。
今になって考えるとすごい特技(笑)

でもたまに色々やらせていたら、ダンボールを縛った紐を噛みちぎってしまったこともありました。
『せっかく縛ったのに…』と思いつつも、何か手伝おうとしてくれたんだと思うと叱るわけにも行かず…(笑)

あと、自分でダンボールの上に乗って楽しそうに過ごしていたりもしましたが、なぜかダンボール1枚の段差をコロンは降りることができません。
登れたんだから降りられると思うんですけどね。
そこは未だに謎です。

最近はお手伝いとまでは行きませんが、ダンボールをいじっていると必ず見に来ます。
それで、積んであったダンボールの山を写真のよに崩されました(笑)
なんでそんなにダンボールが好きなんでしょうね〜?

2016年

11月

11日

何の日?

今日は11月11日。
ポッキー&プリッツの日、ベースの日など、色々な記念日のある日ですが、私にとってはやっぱり『ワン!ワン!ワン!ワン!』で犬の日!!

しかし、調べてみたところ、それは私の勘違いだったようで…。
犬の日は、『ワン!ワン!ワン!』で11月1日なのだそうです!
だいぶ過ぎちゃいました…(苦笑)
4回も『ワン!』と言えるのは今日だけなのになぁ。
4回も鳴くのはさすがにムダ吠えなのかな…(←おそらくそういう発想ではない)

とっくに過ぎてはしまったものの、せっかくの犬の記念日!
犬の日の振替として今日、いつも以上にコロンの頭をナデナデしてあげています。
とても地味な祝い方ですが(笑)
コロンは喜んでくれているはずです!
本当はおやつもあげたいところでしたが、食べなければいけない処方食を残したのでおやつはオアズケ。(その厳しさは犬の日(振替)でも変わらず。笑)

気づけばあと20日ほどでコロンの誕生日。
元気に15歳を迎えてほしいものです。

2016年

11月

06日

雪やこんこ

雪が一気に積もりましたね!
もうすっかり冬景色…。
コロンが外を歩きたがらない時期となりました。
皆さんのお家のワンちゃんは、雪の日の散歩を嫌がりますか?

我が家で前に飼っていたチャッピー(中型のミックス犬)は、逆に雪の日が大好き!
雪が降るとテンションMAXで散歩に行っていました。
『雪やこんこ』の典型パターンですね(笑)
積もった雪の上を走り回るのも好きで、玄関から外に出た瞬間に雪山にダイブしたりしていました。

私の地元は北見なのですが、住んでいたころに何十年に1度という大雪が降り、玄関が埋まって外に出られなくなったことがありました。
お隣さんが掘り出してくれてようやく外に出られたものの、腰の位置よりも高く積もった雪で、玄関より先に進めず…。
元々は雪の少ない北見ですから、除雪車もなかなか到着せずで、道路も完全に埋まってしまいました。

そのため、車が来る心配もないということで、チャッピーを外に放してみることに。
写真はその時のものです(笑)
これ、私の実家の玄関前なんですよ!
全く何も見えないでしょう?(笑)
この深い雪の中をチャッピーはとても喜んで遊んでいました!
人間としては雪かきが大変すぎてヘトヘトだったのですが、チャッピーはその間、ずーっと雪の中で遊んでいてヘトヘトになっていました(笑)

2016年

10月

28日

しあわせかわいい子猫の育て方

先週から待合室に『しあわせかわいい子猫の育て方』という本を置いています。
飼う前に揃えるものや、お手入れの方法などが載っていますし、猫ちゃんの写真もたっぷりなので、眺めているだけでも楽しいです。
「子猫のキモチを知るテクニック」の章は、猫語なんかも載っていて面白いですよー!

そんな中、私が1番気になった項目が、「子猫の困った!相談所」です。
なぜかというと…。
それは…寄せられている相談が…

・何度注意しても机の上に乗る
・網戸やカーテンによじ上る
・大事な家具でツメとぎをする
・虫を食べてしまった

…など、ほとんど全てがクロに当てはまっているからです!!(笑)
もう子猫じゃないのになぁ…。
掲載されている困った行動11個のうち、8個も当てはまっていました(笑)

でもそのアンサーの中に「諦めも必要」という言葉があり、とても共感してしまいました。
クロが子猫の頃はどうにかして困った行動をやめさせようとしていましたが、もう1年も生活しているとだんだん諦めモードに…。
机の上に乗ったり、家具でツメとぎなどは、もはや困った行動とすら思わなくなってきています…(笑)
慣れってすごいですね…(笑)

2016年

10月

21日

ひざ掛け争奪戦

ついに雪が降りましたねー!
布団から出たくない季節になってきました。
クロもなかなか起きてきません!
起きてきても、私が使っているひざ掛けを奪って、その上で寝ていることが多くなりました。

私のひざ掛けを自分でくわえたり、引っかいたりして持っていくのです。
奪われて寒くなった私が毛布を出して来ると、またクロが来てそれを奪っていきます。
仕方なくさっきのひざ掛けを取り戻してくると、またしてもクロに奪われ…。

たぶんですが。

クロはイジワルをしている気はないのだと思います。
おそらく、私が使っているひざ掛け(毛布)のほうがあったかいと思っているのでしょう。
それで毎回「それちょうだい!」と言っているものと思われますが…。

クロや…それは私の体温であったかくなってるだけなのだよ…。
『私とセットになっているからこそあったかい』ということに、そろそろ気づいてほしいものです(笑)

写真は今朝のクロ。
ストーブの暖かさを求めて、柵の中まで手を伸ばしています(笑)

2016年

10月

14日

運んでる

今朝、出勤すると、こんなことになっていました。
コロンがフードの器に寄り添って寝てる…(笑)
マットの近くにフードを置いたわけでもないのになぁ。
自分でここまで運んだのでしょうね。
そんなにおいしかったのかしら(笑)

コロンはめったにこういうことはしませんが、クロはよく色んなものを運んでいます。
特に気に入ったものは持ち運び、隠して、そのまま放置されることもしばしば。
でも、本人は忘れているわけではなく、あくまでも隠しているだけのようなのです。

先日、クロがソファーの下を一生懸命カリカリ引っかいているので覗いてみると、猫じゃらしが2つ出てきました。
失くしたと思って新しいの買ったのに…(笑)
犯人はやはりクロだったか…。

しかも、それからは新しい猫じゃらしではなく、ソファーの下から出てきた方で夢中になって遊んでいます。
そんなにお気に入りなら、隠しておくのやめないかい?(笑)

2016年

10月

08日

コロン天気予報

一気に寒くなりましたね。
天気も不安定だったりしていますが、皆さんは体調を崩したりしていませんか?

コロンは体調は変わらずなのですが、雨をとても嫌がっています。
特に雨が降る前が嫌いなようです。
耳がだいぶ遠くなっているため、雨粒のパラパラという大きな音がしても比較的穏やかに過ごしているのに、
雲が厚くなり、周辺が暗くなって『もしかして雨かな?』というタイミングになると院内を走り回るのです。
人間でも天気が崩れると頭が痛くなったりする方もいらっしゃいますよね。
もしかしたら、コロンもそれと似たような感じなのかもしれません。

だいたいは人間の近くに来て、
『雨が降るよ!雨が降るよ!』と教えてくれるのですが、教えてくれたところでどうにかしてあげられるわけもなく。
「そうかそうか、雨が降るんだね。わかったよ!」
と言ってあげるだけなので、コロンはいつも不満そうです(笑)
でも、コロン天気予報は結構当たるのではないかなと思ったりもしています。

2016年

10月

01日

変わらない行動

今日、小さな黒猫ちゃんが病院に来ていて、クロが子猫だった頃を思い出しています。
クロもこんな高い声で鳴いてたっけなぁ。
私の膝の上でゴロゴロ転がってたっけなぁ。

懐かしい感じもしますが、基本クロの性格は小さい頃から変わっていません。
甘えん坊だし、イタズラ好きだし、ちょっとマヌケ…(昨日、寝返りしてニャンモックから落ちました…笑)
やることもほとんど変わってない気がします。
中でも、他ではあまり聞かないクロ特有の行動がありまして…。

猛ダッシュする時に「ウゥゥゥゥゥ!!」と言いながら走るのです!(笑)
はじめは「子猫だから声がもれちゃってるよー(笑)」なんて笑っていたのですが、大人猫になっても直る気配はなく。
相変わらず、毎日「ウゥゥゥゥゥ!!」と言いながら駆け回っています(笑)
やっぱり不思議な子だなぁ、クロは…としみじみ思うのでした。

(なぜか写真が小さくできません…!大きすぎてごめんなさい…汗)

2016年

9月

23日

人とペットの暮らしひろば2016

月曜日、『人とペットの暮らしひろば2016』に行ってきました。
去年までは『動物愛護フェスティバル』という名前で行われていたこちらのイベント。
私は行ったことがなかったのですが、今年は名前も変わり、開催場所もアカプラということで行きやすくなったため、初めて行ってみることに!

会場に到着すると、いろんなワンちゃんたちが飼い主さんに連れられていました。
みんなかわいい〜!
中でも私はシェパードさんに大興奮!
なかなか間近で見る機会がないので、その大きさとかっこよさにテンションが上がります!
頭上には大量のTシャツがかけられていて、「何かな?」と思っていたのですが、人と動物の絆に関するTシャツアート展だったみたいです。
後で知りました…ちゃんと見てくればよかった…(汗)
他にも獣医師体験や、犬のぬいぐるみ(緊急処置の練習用)を使った心臓マッサージの体験などがあり、ペットレスキューの車も来ていました!

同日開催の『命のわ@赤れんが』のほうにも立ち寄ってみました。
ニャン友ねっとわーくの譲渡会を覗いたあと、物販ブースにも行ってみました。
そこで、猫用ハンモック『ニャンモック』をゲット☆
迷っていたら、売り場の方が

「うちの保護猫、2kgの子が2匹乗っても大丈夫でしたよ〜!」

と教えてくれて、買うことに決めました!
まぁ、クロは5kgあるのですが…(笑)
しかもあんな長い猫でも大丈夫かしら…?
そもそも自分で乗ってくれる…?

色んな心配も抱きつつも、とりあえず家に帰ってニャンモック装着!
すると、クロは思っていた以上に大喜び!
はじめは抱っこして乗せてあげたのですが、すぐに自分でも乗るようになりました。

「自分で乗るなんてえらいねぇ〜!賢いねぇ〜!」

と、母と私に褒められまくり(←親バカ)、それで余計にクロはニャンモックが好きになったようです。
部屋の中で見当たらないなと思うと、大抵ニャンモックの中でドヤ顔をしています(笑)
気に入ってくれて何よりです!

2016年

9月

16日

コロンの近況

コロンは再びカラー生活に戻ってしまいました…。
日曜日からカラーを外しっぱなしにしていて、それでもひどくかゆがったりしていなかったため油断していたところ、火曜日の夕方に腕をガブガブかじっているのを発見!
見てみると、右前足から出血しているうえに、左前足の肉球が化膿していました。
こんなにひどくしてしまうなんて…!
『本人は痛くないのかしら…』と思っていたら、コロンが足を引きずって歩き始めました…。
やっぱり痛いんじゃないか…(汗)
なんでそんなになるまで噛んじゃうかなぁ…。
でも、そのぐらいかゆくて仕方ないんでしょうねぇ…。
かゆみ止め、腎臓の薬の他に、しばらくは化膿止めの薬も飲まなければならなくなったコロンなのでした。

しかし、いいこともありました。
腎臓の薬を飲み始めて2週間が経ったため再検査してみたところ、なんと腎臓の値が正常値まで下がっていました!
やったね、コロン!
薬がよく効いていることがわかってひと安心です。

2016年

9月

10日

パトロール

クロは最近、毎朝パトロールをしています。
パトロールと言っても、家中のあらゆる窓からガラス越しに外を覗いているだけなのですが…(笑)
異常が起きるとすぐに知らせてくれます。

クロにとって1番大事(おおごと)なのはスズメさんの侵入。
『ボクのテリトリーに入ってきた!』と思うのでしょう。
庭にスズメさんが入ってくるとすぐに、
「フニャァァァ…!フニャァァァ…!」
と甲高い声で、しかしなぜか小声で鳴いて、私たちに教えてくれます。
それが本当に他の時には聞かないような特殊な鳴き方なのです。
『小さい声で鳴かなきゃスズメさんにバレちゃう…!』とか思っているのでしょうかね?
ハンターとしての本能がそうさせるのか…(たぶん違う)。

それに教えてもらっても、人間としては特にスズメさんの侵入に困っているわけでもないので、
「はいはい、パトロールお疲れ様〜」
と、クロをなでなでして終了(笑)
せっかく頑張っているのに、実績はあまり認められないクロなのでした。

2016年

9月

03日

腎不全

今週の火曜日、コロンが腎不全であることが判明しました。
最近、水を飲む量・オシッコの量がかなり多くなったことや体重が減っていることを心配し、血液検査をしてみたところ、腎臓の値が正常値を超えてしまっていました。
3か月前に検査した時には問題なしだったのに…。

そこで、薬を飲み始めることになりました。
トラの時で経験済みですが、腎臓が悪くなると飲む薬の量がいっぱいです…!
ついこの前かゆみ止めを飲み始めたところだったのに、そこに腎臓の薬が3種類追加になってしまいました。
以前は薬でも何でも、人の手からもらえるものは何でも食べてしまうコロンでしたが、今のかゆみ止めを飲ませるのに毎回苦戦しているので…(苦笑)
作戦を考えました!

錠剤はフレーバーがついているタイプのものなので、ドライフードに混ぜて、気づかないうちに薬も一緒に食べてもらおう!
粉薬は、砂糖水に混ぜて注射器で口に直接流し込もう!

そんな計画で毎日順調に飲ませていたのですが、あまりにもすんなり飲むので、数日経った時にふと、錠剤をそのままコロンに見せてみました。
すると……

パクッ!!

何のためらいもなく食べたではありませんか…(笑)
わざわざフードに混ぜこんでた私って一体…。
さらに、粉薬を砂糖水に溶いていたら……その器からコロンが自分でペロペロなめてくれました(笑)
色々考えたのに拍子抜けするぐらい、簡単に飲んでくれて助かっています。

2016年

8月

26日

かゆみ止め

実は、コロンは新しく発売になったかゆみ止めの薬を試しているところです!
何もしていないとかゆみですぐに腕を噛んだり、顔をこすったりして血だらけになってしまうため、コロンはずーっとエリザベスカラーを付けたままの生活が続いています。
薬が上手く効いてくれれば、カラーなしの生活が出来るかも!

そんなわけで1週間前から薬を飲ませ始めたのですが、予想外のことが…!
人の手からもらった物は何でも食べるコロンが、この薬は食べない…!!
おいしくないのかなぁ…
コロンで飲めないと飼い主さんたちにオススメしづらいなぁ…なんて思いつつ。
ノドの奥に押し込んで飲ませてます。
(動物病院ですからね…本人が嫌だと言ってももちろん飲ませますとも…笑)

まだカラーを外せるほどではないですが、ぐっすり寝ている時間が増えたように思います。
たまにカラーを外したら、そのままかかずに寝てしまったりすることもありますし。
(写真はそんな1コマ。暗いところで寝ていたので、キレイに撮れなくてすみません…)
順調に効いてくれるといいなと思います!

2016年

8月

20日

ヤンチャな黒猫

我が家にはちょこちょこ人が泊まりに来ます。
祖母がたまに来たり、地元の友達が来たり、道外からも友達が来たり。

そういう時、前だったら
「ウチ、猫がいるんだけど大丈夫?」
と聞いていました。
トラはイタズラなんてほぼしたことがありませんでしたし、誰か来ても少しスリスリしに行くぐらいで、あとは自分の寝床でゆったりしている感じでしたので、それ以上特に心配することはないかな?と。

しかし、クロはそうは行きません。

食卓テーブルの上を走るかもしれませんし、パーカーの紐をくわえて逃げるかもしれませんし、友達のカバンの中に入ろうとするかもしれないのです!(色々ありすぎ。笑)

そのため最近は、
「人懐っこいけど、すごくすごくヤンチャな黒猫がいるんだけど大丈夫?」
という質問に変化しています(笑)
だいたい「大丈夫だよ!」と言ってくれますが、実際にクロに会うとちょっとびっくりしてる子も中にはいたり。
動物を飼ったことがない状態でいきなりクロとご対面するのは、少し刺激が強すぎるようです(苦笑)

逆に、その質問に対しての一番安心感のあった返事は、

「ウチ、マスティフ飼ってるから猫のイタズラくらい平気だよー!」

です!!
なんと頼もしい!!(笑)
体重50kg以上のわんこのパワーに慣れてる友達なら、5kgのクロのイタズラなんてきっと全くなんてことないんでしょうねぇ。
…友達のお家のマスティフくんのほうがクロより大人しいという可能性も大いにあるとは思いますが…(笑)

2016年

8月

11日

日向ぼっこ

暑い日が続いてますね!
人間もわんこもバテバテ…という中、猫ちゃんは比較的暑いのが好きだったりしますよね。
クロも暑いのは嬉しいみたいです!

ただ…そんなに暑さを満喫しなくても…というような行動を最近取っているのです…。

家の中にただいるだけでもこれだけ暑いと言うのに、クロはわざわざ窓際に行きます。
日よけにカーテンも閉めてあるのですが、それも突破し、1番日が入ってくる窓のサンに寝転がり、日向ぼっこをするのです…。
そこで1〜2時間の日向ぼっこを終えるとカーテンの中から出てくるのですが、その時には肩で息をしたり、足元がフラついていたりします…!
そして、そのまま玄関の土間に直行し、冷たいタイルの上でバタンッと倒れるんです!!
熱くなりすぎた体を冷やしてるんでしょうね…!!

あのー…クロさん…。
そこまでして日向ぼっこする必要ってあります??(苦笑)
ただでさえ全身黒いから熱を吸収するんだろうに…。

なぜそんな危険をおかしてまで日向ぼっこしたいのか、人間にはよくわかりませんが…。
心配なので早くこの暑さが落ち着いてほしいと思う今日この頃です。
(写真は玄関で体を冷やすクロ。汚い長靴もあるし、本当はそこに寝そべって欲しくないのですが…笑)

2016年

8月

06日

毛玉

この前シャンプーした時に、コロンの耳の下あたりに毛玉を発見しました。
こんな短毛なのに毛玉ができるとは…!
コロンと出会ってかれこれ8年が経ちますが、毛玉ができたなんて初めてかもしれません。

なぜ毛玉になったのか?

考えてみたのですが、頭がかゆくて擦っているうちにできたんじゃないかと!
ここ最近の暑さで、コロンはものすごくかゆがっているのです。
でも、カラーをしているので簡単にはかけず。
頭を壁やカラーに擦り付けているうちに、耳のあたりの毛も擦り合わさって毛玉になったものと思われます。
見つけた時にすぐ取ったのですが、また擦っているので、すでに若干毛が絡まっています。
気をつけなくては!

余談ですが、私が昔飼っていたチャッピーという中型犬は、顔周りの毛がやや長めでした。
そして、20年くらい前だったので、中型犬を室内で飼うという感覚がまだなく、外の犬小屋で飼っていたため、小屋の出入りの時に顔まわりの毛が当たっていたんでしょうね。
よく毛玉ができていました。
しかしその毛玉を、幼かった私は『チャッピーの耳たぶ』だと思い込み、取らないように大切にしていました(笑)
ある日、散歩中に出会ったおじさんに
「この毛玉、とってあげたほうがいいよ」
と、耳たぶだと思っていた毛のかたまりをベリッとむしり取られたことが、かなりの衝撃事件として記憶に残っています(笑)
『チャッピーの耳たぶが…!』って思いましたね(笑)
今となってはいい思い出です。

2016年

7月

30日

薬も平気!

フィラリアの薬、忘れずに飲ませていますか?
毎月30日に飲んでいるコロンは、7月分を今日飲みました!
おやつタイプのお薬なので、喜んで食べていました。

ちなみにコロンはおやつタイプでない薬でも、特に苦労することなく飲ませることができます。
基本的に私の手からあげたものは、何でも疑わずに食べてくれるようです。

でも、病院に来て間もない頃は、結構グルメなわんこだったんですよ(笑)
缶詰は食べるけどドライフードは食べない、缶詰も人の手からしか食べない…など。
色々と手のかかる子でした。

しかし、動物病院の看板犬としてそんな甘えがいつまでも通用するはずもなく。
器に入れられた缶詰フードを『手から食べさせて!』なんて食べずに待っていたら、ごはんを下げられ、次のごはんまで何もあたらず。
器から食べることに慣れてきたら、今度は少量の缶詰で味付けされたドライフードを出され、『この硬いごはんじゃ嫌だ』なんて食べずに待っていたら、またしてもごはんを下げられ…。
そんなことを繰り返しているうちに、今のコロンの性格にたどり着いたのではないかと思います(笑)
おやつもめったにもらえるわけではないので、『ごはん以外の時間に、しかも人の手からもらえる!』というだけで、何か特別なものをもらっているような感覚になっているのかもしれません。

2016年

7月

22日

コロンシャンプーの歴史

シャンプーをされるコロン。
されるがまま、何の抵抗もなく寝そべっています。
今でこそこんなに落ち着いてシャンプーされていますが、病院に来て間もない頃は、シャンプーもドライヤーもものすごく嫌がって大変でした…!

まず、濡らされるのがイヤ。
ぬるま湯だろうと、水だろうと、お湯だろうと、とにかく毛に少し水をかけただけで『ヒーッ!ヒーッ!』と鳴いてパニックになってしまいました…。
そのため、始めはシンクで洗えず、浅いオケにぬるま湯を張り、そこにコロンを入れる作戦に出たのですが、すぐに大暴れしてオケから脱出。
後ろ足が不自由とは思えないスピードで逃げました…。
(これを繰り返してたら、いつか後ろ足も動くんじゃないかと思ったものです)

なんとか洗っても、次にはドライヤーが待っています…。
コロンはとにかくドライヤーの音が怖いらしく、スイッチをオンにした瞬間にビクッとして、またダッシュで逃げようとします。
なるべくコロンから遠い場所まで腕を伸ばしてドライヤーのスイッチを弱風で入れて、コロンに少しずつ近づける…というようなことをしていましたが、パニックになって台から落ちそうで危ないので、いつも床で乾かしていました(苦笑)

あんなに毎回格闘していたシャンプーだったのに、ちゃんと慣れるもんですねぇ。
皮膚が悪くなって、週に2〜3回も洗われるようになってしまいましたから、そりゃあ慣れざるを得ないか…(笑)
今では何事にも動じなくなったコロンなのでした。

2016年

7月

15日

暑い…!

だんだんと夏らしくなってきましたね。
コロンはだいぶ暑さにやられています。
写真は水を飲んでいるところですが、最近は結構ゴクゴク飲んでいて、こんな大きな器に入れているのに減りが早いです。

その他の時間は、何かと私のところについてきて、ハァッハァッ!と舌を出しながら何かをアピール。
おそらく、『暑いから何とかして!』と言ってるんだと思うのですが…(笑)
私にはちょっと扇いであげるぐらいしか出来ず。

私に期待しても無駄だと気づいたコロンは、涼しい場所を求めて、院内をウロウロします。
ちゃんと風の通り道を把握しているようで、コロンの寝ている場所には気持ちのいい風が吹いていたりもするのですが、相変わらずモコモコのマットの上で寝ていたりもするんですよね。
床の方が冷たくて気持ちいい気がするのですが…(笑)
涼しさよりも、寝るときの心地よさを取りたくなる時もあるのかもしれません。

2016年

7月

08日

意外な一面

クロが我が家にやってきて、今日でちょうど1年が経ちました。
まだ1年しか経っていないなんて信じられません。

子猫の頃はものすごく高く細い声で「ミャー!…ミャー!」と鳴いていて、まだ小さいし、体が黒いために存在感は比較的薄い感じでした。
しかし今では体もかなり大きくなり、しかもその体をビローンと長く伸ばして寝ているため、結構場所を取ります(笑)
それに、必ず自分の体型よりも小さい場所に隠れようとしたり、あえて(?)白い場所にいたりするので、どこにいてもものすごい存在感です!

ヤンチャっぷりは…あんまり1年前と変わってないような気がします。
少しは落ち着いたのかな?とも思いますが、クロが大人になったというよりも、人間がクロのヤンチャっぷりに慣れたという方が大きいような…(笑)
今だから言えることですが、母は

「この子と一緒に暮らして行くのは無理かも…」

とはじめ思ったそうです!
クロ、危なかったね!!(笑)

それでも生活して行くうちに、かけがえのない存在になって行くんですね。
今では、多分クロは私より母の方が好きみたいですし…
母にばかり『抱っこ抱っこ!』と甘えるんですよー!(ちょっとジェラシー!)。
なんだかんだヤンチャをしつつも、人間が好きな甘えん坊です。

ふと気付いたのですが、クロと出会ってからクロが本気で怒るところをまだ1度も見ていません。
ちょっと怒るとしっぽを太くしたり、高い声で「ウ〜ゥウゥ〜!」と鳴いたりはするのですが、『フーッ!!』とか『シャーッ!!』とか、まだ1度も言ってないんです。
爪を切っても、ピアノの裏からつまみ出しても、イタズラした時に鼻をピンッと弾いても、ワクチンを打ってもらっても……特に動じないクロ。
ヤンチャなとこばかりに目が行ってしまいますが、クロは意外と穏やかな子に育っているのかもしれません。

…鈍いだけじゃないことを祈ってます(笑)

2016年

7月

01日

暑いですね

今日から7月ですか!
もう2016年も半分終わってしまったとは…!早いものです。
ここ数日は一気に夏が来たかのような暑さですね。

コロンは暑さにだいぶやられております…(苦笑)
暑いとかゆみが増すせいか、前足をゴリゴリとこすり合わせてずーっとかいてるかと思いきや、それに疲れるとグデーッと伸びてバッタリ寝ています。
目が覚めると再び前足ゴリゴリ開始!
とても忙しそうです。

暑さで参っているコロンですが、夏が来てコロンにとって嬉しいこともありました。
それは、車椅子をつけてお散歩に行けることです!
…雪道でも車椅子をつければ歩けるはずなんですけどね…、コロンが嫌がって歩かないみたいなんです(笑)
ちなみに雨の日も歩きません。
贅沢なヤツめ(笑)

でも、晴れた日に散歩から帰ってくると、とっても嬉しそうな顔をしています。
いつもより軽やかに動けるから、楽しいのかもしれませんね!

2016年

6月

22日

狂犬病予防接種

みなさん、狂犬病の予防接種はお済みですか?
狂犬病予防接種は6月の末までに打つよう法律で定められています。
打っていない方はお早めに!

コロンも先週、接種しました。
後ろ半身が麻痺しているコロンはいつものように、感覚のない後ろ足に注射。
くつろいでいるところに打ったので、緊張したりすることもなく終了!
(写真はなぜか『イテッ』って顔をしてますけどね…。感じてないはずなのに雰囲気でバレたのかしら…笑。)

コロンはいつもこんな感じで、特に身構えることもなく注射が終わりますが、他の子はなかなかそうも行かないですよね。
思えばクロも、もうすぐ混合ワクチンの時期。
子猫の時は移動してもそんなに動じなかったのに、この前病院に連れてきた時にはビクビクしてたっけ…。
今回もビクビクするのかな…。

前はJRの出発の笛の音にかなり驚いていたので、バスで連れて行こうか、もしくはJRなら笛を吹く駅員さんが近くにいない場所から乗り込むか…
なるべくストレスをかけずに病院に連れて来る方法を考えなくては!と思っています。

2016年

6月

11日

年の功

コロンは歳をとってきたせいか、色々と動くのが面倒くさくなってきているようです。
呼んでも来ないのは「耳が遠くなっているから」と思っていたのですが、必ずしもそうではないようで…。

よく見ていたら、「コロン!」と呼んだ瞬間に寝ていたコロンの耳がピンと立ったりします。
…それなのにそのまま動かないコロン(笑)
コロン…明らかに聞こえてるのバレてるよ…。
動きたくない気分だったんでしょうね(笑)

人に頼ったり、甘えてくることも多くなりました。
コロンはマットを引きずって歩いているので、この写真のように、よくマットがねじれてしまいます。
以前は前足で一生懸命直したり、ねじれたままでも上手くその上に乗って寝ていたり、自分で工夫していました。
でも今では、『困ったなぁ…困ったなぁ…』という雰囲気をかもし出しながらマットの周りをウロウロ。
「どうしたの?」と声をかけると、『マットがこんななっちゃったの…』とでも言うかのような上目遣いで訴えてきます(笑)
そのかわいさに負けて直してあげちゃうんですけどね!
その辺も上手くなってきています。
さすが年の功です(笑)

2016年

6月

03日

相変わらず

クロは最近、1人で遊んでいることが多くなってきました。
前は勝手に隠れて、人が探しに行かないと怒るという理不尽なかくれんぼをよくやっていたのですが…(笑)

今では探しに行かなくてもそのまま隠れた場所で寝ていたりするので、どこにいるのかわからないこともしばしば。
「大人になったんだなぁ」と思いつつも、ちょっと寂しいです。

でも、隠れているのを探しに行くと、相変わらずリアクションはかなりいいです!
上から覗いて「見つけたー!」と声をかけると、その場でゴロンゴロン転がって喜び、抱っこするとグルッグルッと嬉しそうに喉を鳴らします。

カーペットの下などに隠れている時は、上にかぶさっているものをめくると、飛び上がって人の手を両前足でゲットし、カジカジします。
たぶん、サプライズのつもりなのかと…(笑)
これはちょっと痛いので、見つけていいものか迷ったり(笑)
でも、あれだけカーペットがこんもりしてバレバレなのに、その下で『上手に隠れたぞ♪』と思っているであろうクロのかわいさに負けて、いつもサプライズにかかってあげてます。
なんだかんだ、大人になっても面白いことをしてくれるクロです。

2018年

4月

19日

コロンの想い出

狂犬病予防注射が始まっています!
4月〜6月の間に接種しましょう!
万が一、ワクチンのアレルギーが出てしまった時に、その日のうちに対処できるよう、午前中の接種をお勧めしています。

ちなみに、来月はフィラリア予防もありますので、この時期のワンちゃんと飼い主さんは大忙しですね…!
フィラリア予防は、血液検査をして去年の感染がなかったかどうかをチェックして、お薬をお出しするようになりますが、
注射を打ったりはしませんので、狂犬病の注射をフィラリア検査と同時にしてしまっても構いませんよー!

ワンちゃんの話になりましたので、今日は久しぶりにコロンの写真を載せてみます。
このドアップ加減が好きで、かなりお気に入りのショットです☆

そんな中でふと思い出したコロンエピソードを一つ。
マイクロチップの番号をチェックする読み取り機が病院に置いてあるのですが、使おうとした時にちょうど電池が切れてしまったことがありまして…。

番号を確認したいだけなのに…!
あと一瞬使えればいいだけなのに…!

その時にふと、昔『伊藤家の食卓』でズボンで電池をこすると電池が復活するというような裏ワザが放送されていたのを思い出したのです。

よし!それだ!!

しかし、ユニフォームの生地はツルツルで静電気は起きそうにありません。
(この時の私は静電気が重要だと思っていました)
そこで目に入ったのが、、、


そう!!コロンです!!(笑)


『こんなフサフサしてるし、きっと静電気がいっぱい溜まるはず!』と思った私は、コロンの背中で、全力で電池を擦りました。

ゴシゴシゴシゴシッ!!!

すると、擦った電池を入れた機械は無事に作動し、見事マイクロチップを読み取ることができたのです!!
ありがとう!!コロン!!


しかし、少し経ってから判明したのですが。

電池が復活するのは静電気ではなく、摩擦熱によるものらしいのです…。
だから、もしユニフォームで擦っていても復活したんだと思います(笑)

ちょっと勘違いはありましたが、コロンのおかげで助かったのには変わりないので(笑)
やっぱりありがとう!!コロン!!

2018年

4月

11日

きっかけ

先ほど、動物看護師関連の登録をするときに「勤め始めた年月日」を記入する欄がありまして。
それで気づきましたが、私ももう12年もクローバーで働いてるんですね!(←年齢がバレる…笑)
後輩が出来たりしないせいか、なんとなくまだまだ新人気分が抜けないのですが。
下が出来ていたら、間違いなく「おつぼね」と呼ばれているんだろうなぁなんて思いつつ。

私の高校生の時の夢は、ドッグトレーナーになることでした。
理由は、犬が好きだから←単純!(笑)

しかし、高校3年生の春。
親友に言われたある一言が私の人生を変えます。

「村ちゃんは、犬だけが好きなの?」

そう言われてみると…。
猫も好き。
ウサギもハムスターも鳥も好き。
それに加え、家畜系の動物や爬虫類だって全部好き!
『なんで犬だけにこだわってたんだっけ?』と気づかされます。

そこにさらに親友は、

「そんな村ちゃんにオススメの職業があるよ!」

と、動物看護師の専門学校のパンフレットを見せてくれました。
私はその時初めて、『動物看護師』という職業を知ったのです。

なぜそんな風に勧めてくれたのかと言いますと、実はその親友がなりたい職業が動物看護師だったのです。
それでパンフレットなども取り寄せていたのですが、事情があってその夢は諦めなければならなくなったとのことでした…。

私はそこから、夢を託されたからとかではなく、動物看護師という仕事に惹かれ、ドッグトレーナーではなく、動物看護師の学校に入ることを決めました。

あれからこれだけ月日が流れたのかと思うと、人生って本当に不思議だなぁと思います。
あの言葉がなかったら、今の私はなかったのだなぁとしみじみ。

今もその親友とはとても仲良しで、しょっちゅう連絡を取り合ったり、ごはんを食べに行ったりしています。
今度会ったら、あの日の話をしてみようかな。
10年以上前のことだけど、覚えてるかな。
もし覚えてなくても、この仕事を教えてくれたことへの感謝を伝えてきたいなと思います。

2018年

4月

05日

もうすぐ3歳

クロは明日、3歳になります!
…クロのくせに4月6日 “シロの日” が誕生日なのです(笑)

実は私と同じ時期に、クロと同じく4月生まれの黒猫を飼い始めた患者さんがいらっしゃいまして。
クロは4月頭生まれ、その子は4月末生まれなのですが、ワクチンの時期などがかぶっていたため、クロは何度かその黒猫ちゃんにご対面していて、飼い主さんはクロのことを『クロ兄ちゃん』と呼んでくださっています。

先日、その飼い主さんがいらしていたため、

「お互いもうすぐ3歳ですねぇ」

というお話をしたところ、

「うちの子、大きくなったらクロ兄ちゃんみたいにシュッとした手足の長い、カッコいい猫になると思ってたんですけど、いまだにずっとゴロンとした体型のままなんですよ」

と、おっしゃいまして…。

「…違いますよ。◯◯ちゃんは標準サイズの猫さんで、クロが長すぎるんです!!

と力説したのでした(笑)

そして、クロは『カッコいい』という言葉が似合わない猫だなぁ…としみじみ思ってしまって(クロには内緒ですよ!笑)
確かに手足は長いし、顔も胴体も細めでキュッとしたくびれもあるけど…
やっぱり中身が伴っていないからでしょうか…(笑)

かっこよくないし、相変わらず大人になる気配はありませんが、いつも癒しや笑いをくれるクロに、明日は改めて感謝を伝えようと思う今日この頃です。

2018年

3月

28日

ネタが豊富

月曜日に、クロがカーテンレールを壊しました…(汗)
レールを留めている部分が、上に乗ったクロの重さに耐えきれずに割れてしまったようです…。
なんてこったい…。

猫がカーテンレールに上るという話はよく聞きますが、クロが上っているところは今まで見たことがありませんでした。
レールが壊れた時にすごい音がしてクロがダッシュで逃げていったので、そこで初めて『クロが乗っていたんだな』とは思ったのですが…(苦笑)
(写真は、レールを直した直後にクロが乗ってきたところを撮りました)

クロに出会ってもうすぐ3年が経ちますが、この月日の中で「猫がよくやるよね〜!」ということを順調にクリアしています。
毛布でモミモミする、ダンボールに入る、紙袋をかぶる、キュウリを怖がる、キーボードの上で寝る、ソファーで爪を研ぐ、使っているペンにまとわりつく、洋服の紐を抜く、虫を採る、カーテンを登る、テーブルに乗っているものを落とす、料理に手を突っ込む、夜中の大運動会など。
…イタズラもかなり含まれているので、これをクリアと呼んでいいのかは不明ですが(笑)、とにかくよく聞く“猫あるあるエピソード”をどんどんやってくれているのです。

前に飼っていたトラが物静かな子だったから、ギャップに驚いちゃうなぁと思っていたのですが。

最近、保護猫活動をしている方に

「クロちゃんは本当にネタが豊富だよね〜!」

と言われました。

『いやいや、きっと保護猫さんたちをたくさん見てる方なら、クロみたいなエピソードをもっと持ってるでしょう!』と思った時にハッと気づきました。

みんなは、たくさんの猫を見てきての色んなエピソード。
クロは、1匹での色んなエピソード…(笑)

トラとのギャップではなく、実際に普通の猫さんたちと比べてもやはりクロのエピソード(特にイタズラ)は多すぎるのではないかなと、改めて思ったのでした(笑)

2018年

3月

22日

ケンカ

先日、仕事から帰ると、母とクロがケンカ中でした…(笑)
と言っても、クロがこっぴどく叱られて、いつもよりおとなしい、というぐらいだったのですが。

聞いてみると、我が家のストーブはヤカンが乗せられるようなタイプで、上にクロが乗っては危険だということで、ストーブの倍くらいの高さの柵を全面にしてあるのです。
しかし、クロはその日の夕方、横にある薄型テレビの上に乗り、そこからジャンプして柵を乗り越えてストーブの上に降りたったそうで…(汗)
そんな足場の悪いところからよく飛んだね…
というか、なんでそこまでしてストーブに上がるかな…

幸いにもストーブはついていないタイミングだったため大事には至りませんでしたが、もしスイッチオンの状態だったらヤケドしていたかもしれません。
そんなわけで、母がこっぴどく叱ったのだそう。

とりあえずまたやられては大変なので、テレビとストーブの距離を離し、ストーブの上にも網を張るか…?などと考えていたのですが、なんだかクロの様子がおかしい。
ごはんも食べずに、大人しく丸まっています。
いつもなら叱られたって3秒で忘れるクロなのに…(それはそれで問題ですが…苦笑)
さすがにいつもと違う、本気で怒っている母の様子には気づいたのかもしれません。

普段ならキッチンに立つ母のもとに行って、しょっちゅう『抱っこ!抱っこ!』『おんぶ!おんぶ!』とせがむはずなのに、そんな時にもただただ丸まっています。
母もそんなクロを無視し続け…。

夕飯を食べようとした時、ようやくクロがこっちにやって来ました。
そして、「ニャー…」と小さく鳴きながら、母のすねの辺りを前足でカリカリ。
そうしたら、

「クロちゃん……」

呼びかけたと思ったら、急に泣き出す母…!!
そんな母に、いつものようによじ登ろうとするクロ。
『えっ、お母さんなんで泣いてるの…』と冷静に思う娘(笑)

母はクロを抱き上げながら、

「『ごめんなさい』したんだよね?クロは賢い子だね。えらいえらい!」

褒められたクロはご満悦で母の顔にスリスリ♡

えっとー…これはハッピーエンドということでよかったのでしょうか?(笑)
仲直りしたからいいのかな。

クロが本当に反省していて、もう二度とストーブに上がらないでくれることを願います(汗)

2018年

3月

14日

あだ名

「クーロちゃん!」

『えっ?』と振り返るクロ。
ちょっと、そこで何してたの?(笑)

それは置いておいて…。
クロは自分の名前を理解しているようです。
一時期していたお返事はほとんどしなくなってしまいましたが、名前を呼ぶとだいたい振り返ります。

ふと思ったのですが、人間側が勝手にいろんな名前で呼んでいるのに、よく対応しています。

「クロ」「クロちゃん」「クロくん」

この辺はクロが基本となっているから気づくのかもしれませんが、

「黒猫くん」「黒い子」

…これも一応「クロ」という言葉が入っているからオーケーなのか…?
しかし、

「長い子(体が長いから)」「グルグルちゃん(喉を鳴らしながら鳴くから)」

そんな名前で呼んでも、一応わかってくれます(笑)
クロの対応能力すごいな。

ちなみに最近よく呼ぶあだ名は、「クロボ」です(笑)

元々母が「クロ坊や」と呼び始め、

クロ坊や
クロ坊
クロボ

と短縮されて現在の形となりました(笑)

一緒に暮らす時間と共に、これからもあだ名は増え続けそうです。

2018年

3月

08日

さっぽろ ほごねこ プロジェクト

『さっぽろ ほごねこ プロジェクト』が始まります!

うちの病院にはほぼ毎日、元・野良猫だった子たちがやってきます。
保護されて間もない子もいれば、我が家のクロもそうであるように野良猫出身の飼い猫さんもたくさんいます。
そして、新しいお家が見つかるのを何ヶ月、何年も保護団体の方の元でずーっと待ち続けている子も、実はたくさんいるのです。

保護団体の方たちと接するようになって、

「◯◯ちゃんのもらい手が見つかりました!」

との報告に喜ぶこともあれば、

「◯◯ちゃん、譲渡会に行ったけどなかなかお声がかからなくて…」

「トライアルに行ったけど先住の子と相性が合わなくて…」

との話を聞いて残念に思ったり。

そんな話に一喜一憂しつつ、「一喜一憂するだけではなく、何か自分に出来ることはないのかな」と思っていました。
もちろん動物看護師としての仕事を全力でやるのは当然ですが、私個人として何かお手伝いできないものかと…。

私のように思っている方も、きっとたくさんいるのではないでしょうか。
しかし、どのように協力したらいいのかわからない方たちもきっといるはず。
そこで、この『ほごねこプロジェクト』について、ぜひ知ってもらいたいと思いました。

札幌にいるたくさんの野良猫たち。
このプロジェクトではその子たちを、

個人・愛護団体が保護

獣医師会の会員病院で駆虫、予防、検査

避妊・去勢手術

里親さん探し・やむを得ない場合はリリース

という流れで、野良猫を飼い猫に!野良猫を増やさない!ことを目標にしています。

それにあたっての獣医療費を『保護主の負担』『獣医師会会員病院の負担』、そして『ふるさと納税』の3つの力でまかなって行くという活動です。

気になった方は、ぜひホームページを覗いてみてください!
プロジェクトの詳細や、ふるさと納税の寄付の仕方などが詳しく載っています。
http://sapporo-hogoneko.jp
(『さっぽろほごねこプロジェクト』で検索しても出てきます)
皆さまのご支援をよろしくお願いいたします!


2018年

2月

28日

新年度に向けて

新年度に向けて、すでに狂犬病ワクチンの準備が進んでおります!
来年度も北区の担当病院を務める当院には、ドーンとこんなに封筒の入った箱が届きました。
私の背の高さぐらいあったんですよ…!
(もう北区の動物病院にそれぞれ配り終えています)
北区だけでも狂犬病ワクチンを打つワンちゃんがこんなにいるんだなぁと再確認。

思えば、いつもは『狂犬病予防の時期です』というお知らせがコロンに届いていました。
それを見て、「飼い主さんたちにもお知らせが届き始めてるな」と鑑札やら注射済票やらの準備を始めていたのですが、今年はそれもないのですね。
ちょっぴり切ない…。

でも、春が来るのは楽しみですね!
日曜日には気温がプラス7℃にもなるんじゃ…?なんて話もありますし!
雪も寒さも、もうそろそろ勘弁していただきたい…(笑)
あったかい季節が待ち遠しい今日この頃です。

2018年

2月

22日

オリンピック

連日オリンピックが盛り上がっていますね!
今年3歳になるクロにとっては、初めての冬季オリンピック。
クロも夢中で見ています!

…と言っても、動く選手たちが面白いらしく、テレビをバシバシ叩いて遊んでいるだけなのですが…(笑)

猫ちゃんでフィギュアスケートが好きな子は多いですよね。
私が元々フィギュアスケートが好きでよく見ていて、その度にクロもテレビに飛びかかります!
そのため、羽生くんや宇野くんを捕まえようとするのは予想通りでした(笑)

でも、他の競技にも魅力的なものは多々あるようです。
ハーフパイプ、ビッグエア、大回転はかなり気に入ったようです!
意外なことに、フィギュア以外のスケート競技にはあまり興味を示さず、昨日のパシュートも「行けー!!頑張れー!!」と人間が大騒ぎしてもクロは遠くから見ているだけでした。
(おかげでじっくり見れましたけどね!おめでとう金メダル!!)

基準は何なのでしょう…?
夏のオリンピックではテレビに飛びつくことはなかったはず。
人がジャンプしたり回ったり、やっぱり猫じゃらし的要素がある競技が好きなのかもしれません。


2018年

2月

16日

モミモミ

前に飼っていたトラは、モミモミをめったにしない子でした。
8年くらい一緒にいたのに、トラのモミモミを見たのは3回くらいしかありません。

そのため、クロのモミモミの多さに驚いております!(笑)
1日に2回やってることもしょっちゅうありますしねぇ。

さらに先日、こんなこともありました。

『カリカリ…カリカリ…』という音が聞こえて振り返ると、クロがクローゼットを一生懸命開けていました。
扉が少し開くと、中に入り、何かを物色している模様。
カッチャカッチャとハンガーのぶつかる音が何度もして、クロは私の洋服を何枚も引っ張り出していて。
『コレじゃない…コレじゃない…』という声が聞こえてきそうなぐらい、必死に何かを探しています。

『もしや…』と思った私は、クロに呼びかけてみました。

「クロちゃん?あのー…もしかして探してるのはこれ?」

私の羽織っていた服を脱いで差し出すと、

『あ!!!』というような顔をしたクロが私の服に駆け寄り、すぐさま口でくわえてモミモミし始めたではありませんか!(笑)

モミモミってそんなに切羽詰まってするものなんですか!?(笑)
しかも、使う布にはこだわりがあるんですねぇ…。
色々と不思議なことをしてくれるクロなのでした。

2018年

2月

08日

3匹目の妄想

動物のいない動物病院はとても静か。

もちろん患者さんがいる時はワンちゃん・猫ちゃんの声が聞こえたり、爪の音が聞こえたり。

でも、帰ってしまうと本当にとても静かです。

コロンもグレーさんも鳴いたりしなかったのですが、それでもいないと、極端に静かでびっくりします。


今日、院長と話していて、

「3匹目の病院ウサギは現れるかな?」

なんて話になりました。


そこで、

「今度は跳ねるウサギだったらどうする!?」

なんて話になり。


おかしいですよね?

普通、ウサギさんは跳ねるものですから。

でも、5年間一緒だったミミンも、10日前まで一緒だったグレーさんも、2人とも出会った時にはすでに後ろ半身が麻痺していたので、跳ねる姿を見ていないのです。

患者さんのウサギさんも診察室でジャンプしていることはないので(そんな事になったら大変…!笑)、もしかして私、動物看護師なのにウサギさんが跳ねてるところってしばらく見ていない…!?


そう考えると…。

もし跳ねるウサギさんを飼うことになったら…


ケージの掃除している間にミミンとグレーさんみたいに箱に入れて待機させてたら…

きっと余裕のジャンプで飛び出して…

院内をピョンピョン跳ね回って…

思いがけないところに入り込んで足とか背骨とを傷めるんじゃ…


と、危険なことばかり思いついてしまいました(汗)

跳ねるウサギさん飼うのって大変だな…(汗)

(ピョンピョン跳ねてる姿を想像したらすごくかわいいけど…!)


跳ねないウサギさんを飼う方が大変そうに思われるかもしれませんが、今のところ跳ねない子しか飼ったことがない私としてはそれが普通なので←レアケース(笑)

特に大変なことってなかったんですよね。

跳ねられない分、シュルシュルシュルッ!と忍者のように走り回るのもかわいかったですし(笑)


そんな風に、何にも予定はないのですが、まだ見ぬウサギさんに想いを馳せるのでした。

(このホームページが出来た時にはすでにミミンはいなかったので、知らない方も多いかなと思い、今回はグレーさんとミミンの写真を載せておきますね)

2018年

1月

30日

グレーさん

土曜日に、グレーさんが息を引き取りました。
小学校への連絡を先に入れたかったため、こちらでの報告が遅くなってしまい、申し訳ありません。

土曜日のお昼は手術などが入っていて少し忙しかったのですが、それが落ち着いた頃。
後ろ向きで寝ているグレーさんをそばで眺めていたら、急にグレーさんが立ち上がり、ケージの外に顔を出しました。
次の瞬間、一気に呼吸の様子がおかしくなって倒れ、院長と私が見守る中、そのまま亡くなりました。
グレーさんの背中をさすりながら、「よくここまで頑張ったね」という言葉しか出て来ませんでした。
ここ数日は本当に苦しそうだったので…。

それでも、なんとか食べようとしていたグレーさん。
亡くなった当日も、ドライフルーツは少しずつ食べていました。
生きようとする力が本当に強い子でした。

「子供たちが会いに来てくれるんだって!」と報告した時、急にフードを食べ始めたグレーさん。
グレーさんは人間の言葉、わかってたのかな?
そこまでは元気な姿を見せられるように頑張ったんだよね。
本当に頑張り屋さんだね。

亡くなる前日までグルーミングをしていたグレーさん。
苦しいんだからそんなことまでしなくていいのに。
そんな状況でも身だしなみを整える、とっても女子力の高い子でした。

私にとっては、本当に救世主のような子で。
感謝しかありません。
かわいくてかわいくて、2ヶ月半なんて短すぎて、もっともっと一緒にいたかったけど。
それでも、この2ヶ月半の間にもらった想い出はたくさんあって。
グレーさんのように強く生きていかなければいけないなと思っています。

グレーさんの大好きなキャベツ。
まだ病院の冷蔵庫にたくさん残ってたんだけどな…。
グレーさんの分もキャベツたくさん食べて、元気に生きて行くからね。

ありがとう。
大好きなグレーさん。


2018年

1月

26日

会いに来てくれました!

今日、小学校の飼育委員の子たちがグレーさんに会いに来てくれました!
そして、感謝状まで用意してくれていて、飼育委員の子たちからのメッセージがたくさん書かれた冊子をいただきました。
みんなの想いが込められていて、とても嬉しいです!
(写真を載せて良いか確認し忘れてしまったので掲載できませんが、ワンちゃんとうさぎさんのカードに書かれていてとってもかわいいのです)

その中でも「残りの2匹を大切に育てます」というメッセージを読んで、とても嬉しく思いました。

グレーさんの他にあと2羽、学校で飼っているうさぎさんがいるようです。
グレーさんを通して、ぬいぐるみとは違う、動物を飼うことの難しさや命の大切さなどを学んでくれているんだろうなぁと、(ちょっと上から目線みたいになってしまいますが…汗)思ったりしました。

実はグレーさん、あまり調子がよくありません。
食欲はありそうなのですが、呼吸が苦しいようでなかなか食べられず。
だいぶ痩せてしまいました。

それでも、何とか野菜を食べたり、ドライフルーツを食べたり、本当に強い子だなと思います。

この危機を、どうか乗り切ってくれますように。

2018年

1月

18日

職業病

くつろぐグレーさんとは全然関係のない話なのですが。

皆さんは『これは職業病だな』と思うことってありますか?
私は、たまたま道ですれ違ったワンちゃんのやせ具合・太り具合を思わずチェックしてしまったり、
友人宅のちょっときかないワンちゃんが噛んできた時に、わりかし本気の保定をしてしまったり…(友人のお母さんが引いていました…笑)
ちょこちょこそう思うことはあるのですが。

今までで一番やらかしたなと思ったのは、北見の実家に帰省した時のこと。
私の場合、札幌で生活している時は携帯しか持っていないので、固定電話に出るのは職場でだけなんですね。

「はい!アニマルクリニック・クローバーです」

これが染み付いているわけです。

そんな中、帰省中に電話に出ようとしたら…

「はい!アニマル……村元です!!」

や、やらかしたーーー!!!

アニマル村元ってなに!!??
アニマル浜口さん的な…??(笑)

というか、1番困っているのは電話の向こう側の人でして…

「すみません!間違いました!ガチャッ…」

切られてしまいましたーーー…。
『どうしましょう、これ…』と思っていたら、すぐにまたかかってきたので、今度は冷静に、

「はい、村元です」

と、平然と電話に出たのでした(笑)

電話の向こう側の方、すみませんでした。
以後、気をつけます!!(笑)

2018年

1月

11日

常に遊ぶ

クロは今年の4月、3歳になります。
それにも関わらず、全く子猫感が抜けません!

体はこんなに大きいのに、子猫っぽく見えるのは一体…?と思ったのですが、おそらくいつでも遊びたいオーラがビンビンに出ているからではないかと気づきました。

基本、人間がクロを遊びに誘って断られたことはありません!(笑)
そして、私が帰宅した時、ふと目が合った時、手が離せない時、いつでも『遊ぶ??』という目で訴えてきます。
目で訴えるどころか、ネズミくんのオモチャを膝に乗せて来たり、足に絡みついて来たり、急に手をカジカジしたり…。
 “遊んで!” アピールがすごいのです!

しかし、こういうアピールを無視し続けると、『遊んで!』と言わなくなると聞きますし、『大人になるとこちらが誘っても遊ばなくなったりして寂しくなる』という話も聞きました。
なので、なるべくクロのお誘いは断らないようにしていたのです。

今は貴重な子猫の時間…!
遊んでくれなくなる前に、たくさん遊んでやらにゃあ…!

しかし、どうでしょう?
3歳を目前にしても、そのアピールが変わる気配はありません!
おかしいな…もうすっかり大人のはずでは…?

そんなことを疑問に感じつつ、今日もいつの間にかクロのかくれんぼに参加させられているのでした(笑)

2018年

1月

04日

仕事始め

皆さん、明けましておめでとうございます!
今日から病院は通常通り診察しております。

私としてはこの4日間のお休みがとても有意義に過ごせて、いいタイミングでリフレッシュ出来たなと思っています。
クロともたくさん遊べましたし!(この写真はただただびろーんと寝ているだけですが…笑)
何にも考えずにボーッとする時間も作れたせいか、気持ちも身体も元気になりまして、今朝はいつもより早く最寄り駅に着きました。
毎朝このぐらい余裕を持って行動できると良いのですが…(笑)

それでは、今年もどうぞよろしくお願いいたします!

2017年

12月

30日

2017年

みなさま、今年も大変お世話になりました。
特に2017年後半は、患者さんたちに支えられていることを改めて、ひしひしと感じた年となりました。

コロンが亡くなって、正直言うと仕事に行きたくない日もありました。
でも、あたたかい言葉をたくさんいただいたり、『今日はあの患者さんが来る日だ』と思うと、患者さんたちに会いたいから仕事に行ける自分がいました。

それは、昔の自分では考えられないことでした。

暗い話を少しだけ書かせていただきますと…。
私は子どもの頃、場面緘黙症(ばめんかんもくしょう)で、2年間ほど家族以外の人と全く話せない時期がありました。
もちろんその時期、友達なんて1人も出来ず…。

そのせいなのか、大人になっても人とコミュニケーションを取るのが本当に苦手で。
実は、動物看護師になろうと思ったのは、動物が大好きだということ以外に、『人とのコミュニケーションが苦手だから』というネガティブな理由もあったのです。


しかし、クローバーの面接の時に私は、

「どんな動物看護師になりたいですか?」

と、聞かれ、

「飼い主さんたちと積極的にコミュニケーションを取れる看護師になりたいです」

と答えました。

でもこれは『そういうことを私はやります!』ということではなく、本当に『そういう看護師さんになれたらいいけど…私には無理っぽいけど…』という、これまたネガティブな感情がありつつで…(笑)
『夢のまた夢』を面接で言ってしまったような気がしていました。

しかし、ブログなどをキッカケに、患者さんの側から話しかけていただくことも多くなり、少しずつこちらから話しかけたりも出来るようになって。

あの時の夢が叶ったか?と言われるとまだまだですが、10年以上経って、飼い主さんたちとコミュニケーションを取るのが好きな看護師には成長できたのかなと思います。

でもそれは、患者さんたちがあたたかく接してくださったからこそです。
どんくさい看護師なので、いつか「早くしろや!!」とか怒られる日が来るんじゃないかと思って10年あまり過ごしてきましたが(笑)
そんなこともなく、本当にあたたかく見守っていただいて。
本当に感謝しています。

特に2ヶ月前のあの日、ブログにコロンのことを書いた直後から、たくさんお言葉をいただいたり、お花などをわざわざ持ってきていただいて。
たくさんの方たちに支えられていることを改めて感じました。
本当にありがとうございました。

なんだか取り留めのない文章になってしまい、申し訳ありません。
でも、今しかこういうブログは書けないような気がしたので、そのまま載せさせていただきます。
相変わらず寝てる姿が長すぎるクロに免じて許してください(笑)

さて!来年は1月4日(木)より、通常通り診察しております。
来年もよろしくお願いいたします!
みなさま、良いお年をお迎えください。